FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎 坊主坂にて

正式には峰原坂と呼ぶらしい。
そんな立派な名があるとは知らなかった。
立正大学のキャンパスがあるので、
子供のときから、この坂を「坊主坂」と呼んでいた。
いまは、さすがに「坊主坂」とは呼べないだろう・・・・が。
坊主坂1005-39
坂の上り口には大崎警察署がある。
一台の車が停車していた。窓には、山手通りに建つビルが映っていた。
坊主坂1005-40
紫陽花にピントを合わせて撮影。
f:3.2まで開けたが、ボケは六角形、玉ボケにはならなかった。
坊主坂1005-41
絞りf:3.2、スナップで撮影するにはやや絞りを開け気味にした。
中景(画面上、手前から1/3に位置)にピントを合わせると、
遠景の像の崩れもそれほど気にならない。
全体、意外とシャープな写真になる。

戦前(72年以上前)のノンコートレンズだけど、今使っても、問題はない。
使用に耐えるだけの画質を出すことはできていると思う。
レンズの違いより、フィルムの違いのほうが、表現の幅は広がる。
さらに、現像法(スキル)の優劣で、写真表現の質が変わってしまう。
カメラは自動化されていないものほど、面白い。
この遊び、金をかけたからって、できるものではない。
遊ぶ人の覚悟、技量が試されているようなもの。
趣味とするなら贅沢な遊びだなぁと思う。

勿論、写真を趣味で楽しむ人もいれば、道楽で楽しむ人もいる。
道楽ならケチなことは言ってはいけない。
欲しいものは金をかけて手に入れろ。
すごい写真と賞賛してくれる写真を撮ればいいのだ。
そんな楽しみ方、道楽もありだろう・・・・とは思うけど。

今度は、ライカの古いレンズで「お散歩カメラ」してみます。

スポンサーサイト



  1. 2017/08/03(木) 22:17:05|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸越散歩 | ホーム | フィルターを自作する P-フィルター③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/993-c0f51c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR