FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

いつもカメラをぶら下げて。

人に会う約束をしていたので、JR水道橋駅で降りた。
外出するときは、必ずカメラを肩からぶら下げ、
散歩にカメラの生活が続いている。
水道橋995-6
駅をでて、橋の上で早速スナップ。
水道橋995-7
後楽園遊園地(東京ドーム)へ向かう。
階段を上ると広場になっていて、テーブルと椅子が置かれた場所があった。
ここで撮ったスナップ写真は、すでに7月10日の記事「何処でもない場所へ」に使用している。
霧の発生する遊び場では子供が駆けずり回っている。
この光景で撮影したスナップ写真は、6月28日の記事「子供の情景」で使用した。
------------------------------------
知人に会い、ランチを御馳走し、代わりに本を受け取る。
別れ際、気づかれないよう知人を盗み撮り。
その時の写真は、7月12日のブログ「スナップ的ポートレート」に使っていた。

JR水道橋駅に戻り、中央線伝いに坂を登り、お茶の水駅をめざす。
今日は一駅散歩。
給水公園995-33
坂を上りきり、左に少し折れると、都水道博物館にぶつかる。
階段を登り本郷水道公園へでた。
給水公園995-37
人影はまばら。静かな公園である。
都会の真ん中とは思えない写真が撮れた。
公園をでると、すぐに順天堂大学と順天堂病院、その隣は東京医科歯科大学の付属病院がある。
ここまでくると、お茶の水の駅前、橋の手すりから、神田川を見る。
撮影した写真は、6月29日のブログ「温帯雨林」に使用した。

「散歩にカメラ」と言ったところで、
実体は、ブラブラ歩き、眼に付いたものを撮る、ただそれだけ。
根性、こころざし、腹に一物があって写真を撮っているわけではない。

三途の川へ行くまでの暇つぶし、それが小生の「お散歩カメラ」でしょう。


スポンサーサイト



  1. 2017/07/14(金) 12:31:24|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黄色のセロファンでフィルターを作って遊ぶ | ホーム | スナップ的ポートレート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/983-7f6c8d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR