FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎駅近くを散歩 赤外線フィルムでスナップしてみる。

山岳写真などの風景を、
可視光カットフィルターを使い赤外線フィルムで撮ることは、行われてきた。
空が暗く落ち、山の稜線はくっきりと出る。
木々の葉は白く輝き、普段眼にする光景とは違った世界が撮れる。

その特殊な赤外写真を、街のスナップで撮ったらどうなるのか?
試している。
大崎散歩993-26
普通のパンクロフィルムで撮ったほうがいいように思う。
わざわざ可視光カットフィルターを使用し、苦労して撮るほどのものでもない。
大崎散歩993-29
これは、赤外線写真の効果が出ている。
大崎散歩993-31
これも 赤外線写真向きの被写体ではないだろう。
大崎散歩993-38
順光で植物の葉(緑)のある被写体の撮影向き・・・・当たり前の結論になる。
大崎散歩994-1
距離をあわせたら、一度ファインダーから眼を離し、
レンズの鏡胴を回して距離補正をする。
そして改めてファインダーを覗き、シャッターを切る。
これが、赤外線写真の基本的な撮影法。
スナップ写真には少々不便。
瞬間のスナップ写真では、目測で距離を読み、距離リングを設定しておく。
ファインダーを覗きフレーミングしたら、シャッターを切っていた。
大崎散歩994-2
三脚に固定し、風景を撮るなら、ゆっくり操作しても問題ないが、スナップではそうも行かない。
広角レンズを使い、パンフォーカスで使用するのがいいのだろう。
意外なことに暗部が黒く潰れない。かなり粘ってくれる。
昔の銀含量の多いフィルムのようなトーンの写真になる。
今のパンクロフィルムではこのトーン出すの難しいと思う。
-------------------------
可視光をカットするフィルターを付けている。
ほとんど黒い硝子。でも赤外光は透す。
露光倍率は 3絞りから6絞り開けて撮らないと、調子のよいネガにはならない。
どの場合3絞り分開けるか、あるいは6絞り分開けるかは、光線の状態よって異なる。
まだ、よくわかっていないが、徐々に判断がつくようになってきた。
赤外光まで感度の有る露光計を使い、受光部に同じ可視光カットフィルターを付ければ、
露光の失敗はなくなるのだろうが、そこまでは、行っていない。
失敗も楽しいと・・・思っているから。
スポンサーサイト



  1. 2017/07/03(月) 13:44:54|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<湯島聖堂  (赤外線フィルムを使う) | ホーム | Accident (赤外線フィルムを使う)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/978-9bd6194a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR