FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

星薬科大学近辺 (赤外線フィルムを使う)

戦前の記憶を持っている人なら、星製薬という大きな製薬会社が、西五反田にあったことを知っているだろう。
三共製薬は、目黒川沿いの大崎の地にあり、両社は距離的にそれほど離れていない。
しかし、三共製薬は政府の肝いりで作られたようなもの。
一方、星製薬は、企業家精神に富んだ星一の作った会社。
東北の出身で、仙台出身の後藤 新平とは気が合ったらしい。
しかし、明治政府の高官は、薩長出身者が多く、
後藤新平の派閥は、頭を抑えられていたのだろう。
星一も、政府役人(内務省)との確執から、苦境に立たされていく。
戦前は東洋一の製薬会社と言われ、三共製薬より大きかったが、
次第に経営は傾いていく。(内務官僚に潰されたようなものだろう。)
今その工場跡は、TOC(東京卸売りセンター)の大きなビルになっている。
当時の面影はほとんど残していないが、
社内教育用に作られた星薬業講習会は、今、星薬科大学となり、往時の記憶を今にとどめている。
創業者の息子は、SF作家として著名な星新一。
星薬大の近くに住んでいたのだろう。
戸越銀座の通りを歩いている姿や、戸越銀座の本屋で、何度か見かけたことがあると、妻は言っていた。
「大きな人だった。」 妻は小柄なので・・・・どのくらい大きかったのか、定かではない。
もう20年以上も前の話である。(星新一の晩年の姿を目撃したことになる。)
星薬近く991-18
星薬科大学の時計台。やや逆光気味の光線を捉えた。暗い部分、黒く潰れない。それがよかったか、悪かったか、意見の分かれるところだろう。
星薬近く991-24
紫の紫陽花が咲いていた。
紫陽花の後ろには、黄色の小さな花を咲かせた熱帯植物(サボテン、種類は不明)があったが、
全て白く写り、ちょっと異様な感じになる。
星薬近く991-25
星薬科大の敷地を離れ道路を渡り、長慶寺の参道に入る(裏道か)、桐ヶ谷の斎場は、近い。
星薬近く991-19
星薬近く991-20
太陽を背にして撮影したので、空はもっと暗く落ち、雲は白く輝くと期待したが、それほどもない。
太陽が天頂に近い昼ごろの空では、まだ赤外線が残っているのかも。
--------------------------------------
官邸(政権)と実効部隊(内務省)が結びつくと、
自由な産業活動も、自由であるべき人権も歪められてしまう。
それを防止する仕組みが三権分立の精神。
精神は移ろいやすい。
常に、再確認して、そうならないよう監視しない限り、
民主主義の精神は弱まっていく、気づかないうちに。、
やがて三権分立は機能不全となるだろう。

星薬科大学だけでも残ってくれたことは、重要だろう。
政権と官憲が癒着するとどうなるのか、考えるきっかけとなると思う。




スポンサーサイト



  1. 2017/06/25(日) 12:15:58|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目黒不動を抜け、林試の森公園へ  (赤外フィルムを使う) | ホーム | 戸越銀座を歩く (赤外フィルムを使う)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/972-60e58298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR