FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Retro赤外400S フィルムを使う

冷蔵庫のなかを探したら、Retro赤外400Sの長巻(100フィート)フィルムがあった。
期限は、今年の8月まで。2年ほど前に購入したものだった。
ローダーにこのフィルムを詰めた。
これからしばらくは、このフィルムで撮影することになるだろう。
赤外フィルムだと、使う場面は風景が多い。
山と青空と雲と森(林)と水辺の入った風景。
青空は暗く落ち、雲は白く、山の稜線はくっきりと立つ。
木々の緑は白く輝く。

普通の街のスナップに使ったらどうだろう?
使ったことはない。そう思うと、すぐテストしたくなる。
フィルムを詰めて、散歩に出て撮影。フィルターはR72(720nmカット)フィルターをつけた・・・(つもり)
すぐに現像。結果はおかしい??
しばらく、首をかしげ・・・こんなものかと思っていた。ふとカメラのレンズを見ると・・・・
R72と思っていたフィルターが、ND64フィルターだった。
どちらもダークグレー、ちょっと見では区別つかない。
注意力散漫、歳ですね。

結局、R'72フィルターをつけて、もう一度撮影。
フィルター効果の比較を行っていた。
R72visND 990-16
R72visND 993-24
R72visND 990-26
R72visND 993-34
Retro赤外400Sをパンクロフィルムとして使うか、720nmより長波長の赤外線フィルムとして使うかの比較になった。
パンクロでは暗部がストンと落ちてしまうが、
赤外部の光で撮影すると、暗部の諧調が意外と残っている。

街のスナップに使用したら、今までと違ったトーンの写真が撮れるかも。
しばらく、散歩にはこのフィルムをカメラに詰めて出かけようと思う。
スポンサーサイト



  1. 2017/06/23(金) 09:40:24|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸越銀座を歩く (赤外フィルムを使う) | ホーム | 偶然と偶然が重なると必然に・・・なる?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/970-1224170e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR