FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

平羅 旧市街

夕方の1時間ほど 平羅の街を歩くことができた。
平羅旧市街DSC01564 R
平羅という街は、秦の始皇帝の時代にも記録が残る古い歴史を持つ。
街の中心には、四方を睨み楼台が設置されている。
平羅の街は、ここから発展したということだろう。
近くを人民路が通じ、そこに平羅県の地方政府が置かれていた。

楼台が設置できる街は限られているらしい。
これが また平羅のプライドだろう。
改築され、以前より高くなっていた。
平羅旧市街DSC01559 R
使い慣れたフィルム・カメラの50mmレンズなら、かなり近づいて撮影した気分。
気づかれないか「ひやひや」ものだが・・・・
Sony NEXの広角レンズだと、全身像を捕らえるのが限界だった。
平羅旧市街DSC01568 R
スナップの上手な人なら、更にあと2、3歩、近づいてシャッターをきるのだろう。
その度胸はない。
平羅旧市街DSC01601 R
平羅旧市街DSC01576 R
平羅旧市街DSC01591 R
人民路。
右に嘗て平羅賓館があり、その隣に平羅政府の庁舎があった。
平羅賓館は3階建て、平羅政府は5階建てだった記憶が残る。
移転に伴い、再開発され、いまは大きな住宅街になっていた。
道の反対側にある幼稚園は、改築され今も幼児が通っている。
平羅旧市街DSC01585 R
時刻は、幼稚園の終わるころだった。両親あるいは祖父が、迎えに来ていた。
平羅旧市街DSC01608 R
回族自治区となっているが、信仰心はあまり高くないように思えた。
イスラム経を信じるなら、酒は飲まないはずだが、宴会に現れた回族の人は、
何の抵抗もなく強い「白酒(ばいちゅう)」を楽しんでいた。
平羅旧市街DSC01607 R
この人も回族の人かも。
寧夏自治区では羊が中心、それに寒さに強い牛の肉が続く、
豚は寒さに弱いので養豚は盛んでないようだ。(養豚場を見たことはない)
中国料理の店にも豚を使った料理は、メニュー(菜単)にもあまり載っていない。
回族の人は豚肉は食べないので、回族の人が一人でも居ると、
会食は清真料理のレストランで行われることになっている。
平羅旧市街DSC01603 R
もともとはモスクだと思うのだが・・・・
平羅旧市街DSC01604 R
店舗が入っていた。

スポンサーサイト



  1. 2017/05/24(水) 11:20:26|
  2. 遥かなる寧夏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<槐(エンジュ)の花咲く、新緑の平羅 | ホーム | 農民レストランへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/951-c6654a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR