FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

"The Isle of Skye"  への行進

Bill Brandtの撮影した"The Isle of Skye" がピンホールカメラによるものであるという衝撃に触発され、ピンホールレンズを作ってみた。その経緯は、カテゴリ「写真の技法」の”Bill Brandtに触発・・”の記事(07/25)を参考にしてください。
暑い日が続いていたので、童心に帰り、夏休みの自由研究の気持ちで、Pinkkorレンズ専用の4×5インチ程度のカメラを製作。製作材料費はゼロ。お菓子のダンボールと、素麺が入っていた木の箱が、本体にTransform。カメラの名前は「零式カメラⅠ」。
材料費が只(ゼロ)、レンズがない(ゼロ)そして一式カメラ以下だから零式だろう。(日本の名戦闘機ゼロ戦とは、関係ありません。)
このカメラで駄目出しをし、9月には更に改良した8×10インチ型カメラを製作するつもりです。
それをⅡと命名する予定です。これは、Contaxカメラの命名に従うつもりです。
零式カメラⅡで1枚撮影できれば、このプロジェクトは終了。
このプロジェクトの名前は、「スカイ島への行進」。(平和行進のつもりです。)
カメラの製作は、約1週間前から始め、昨日完成。すぐ家の物干しへ出て試写し、撮影できることを確認。
本日、戸越公園にカメラを担いで、最初の撮影。帰ってきて直ちに現像し、このブログにアップ。(8月15日に、間に合った~~ぁ)
スカイ島へ8月15日-1
Bill Brandtの撮影した"The Isle of Skye" 第二次世界大戦が終わって2年目の撮影。戦争に対するBill Brandtの思いがあって、撮影したのだろうと、推察しています。
小生の父親も徴兵され戦地に赴いています。戦場は・・玉砕の島でした。運良く帰還できましたが、戦後、口を閉ざし、一度も自分から戦争体験を話したこと、ありませんでした。が、戦争を本当に憎んでいたことは確かです。
Bill Brandtの思いを確かめるためにも、零式カメラⅡを製作し、1枚でもいいから撮影したいと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2013/08/15(木) 16:01:30|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<街角の光景 コンポラ写真? | ホーム | 天王洲アイルの夜景 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/94-d7f0365f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR