FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

立会歩道の桜

3月の末ごろ会ったとき、少し咳をしていた。
火曜日にあう約束をしたが、土曜の夜、兄から電話がかかってきた。
どうもよく聞き取れない。何回か聞き直すとどうやら入院したらしい。
風邪を引いたかと思っていたが、肺炎らしい。
次の日から、毎日、病院へ行くことになった。
酸素マスクをして寝ていた。点滴をしている。
歳をとっているので、致し方ないが、小生より丈夫な人間だった。
子供の頃は、熱が出ても平気な顔をして遊んでいた。
無理したのかも。

父も若いころ結核にかかっている。
戦中・戦後の食糧難の時代、結核は不治の病と恐れられた。
米軍の進駐があり、ペニシリンが進駐軍から洩れて出てくる。
祖父はどうやってそれを入手したかわからないが、
その薬で 父は回復した。
しかし、晩年になると、肺炎を起こし、酸素マスクの生活となってしまった。
「まさか、おやじと一緒になるとは・・・・」
ベットに横たわり、嘆いていた。
でも、徐々に回復の傾向を見せている。
脳梗塞でも癌でもない。死に直結する病気でないので、小生はすこしホッとしている。
酸素マスクなしの生活に戻れるか、まだわからないが、4月一杯は入院生活になるだろう。

入院した病院は、旗の台にある昭和大学の病院。
品川区の端にあるが、小生の散歩コースの一つ、
カメラを肩に、毎日、兄の顔を見にいく。
旗の台 桜965-33
桜を追って、東京の桜の名所を巡るわけには行かないが、桜は都内至る所で咲いている。
このころはまだ3分咲き程度だろう。
左には 昭和大学の入院棟が建っている。
旗の台 桜968-32
数メートル下がった位置から、標準レンズで撮影。
UVフィルターをつけていた。
小雨のぱらつく日だったので、コントラストがでていない。
眠い感じに仕上がった。
旗の台 桜970-1
YGフィルターをつけて撮影。
晴れた日に、YGフィルター、コントラストのハッキリとしたネガを得た。
レンズの焦点距離とフィルター、全て違った条件で撮影していた。

さて、今日もこれから、カメラを下げて兄に会いに行く。
まだ、葉桜にはなっていないだろう。
どのレンズで撮ってみようか?
フィルターは何にしようか?
兄の前では、いつものように振る舞うようにしている。

スポンサーサイト



  1. 2017/04/13(木) 13:54:36|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<洗足池の花見 | ホーム | 魔女の花見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/932-490283f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR