FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

街で見たもの。

横位置ではなく縦位置でフレーミングしていた。
北京ダック961-24 Ⅱ
霊長類は雑食。
しかし、多くの栄養素は植物から摂取した。

動物を捉え、火を使い、料理して食べるのは
我々人類、ホモサピエンスだけだろう。
肉食は、効率的にタンパク質を摂取できるので有利だが、
コレステロール/油脂も同時に大量に摂取することになる。
とり過ぎは血管の内壁に油をため、心臓病を発症、短命になる。
長い進化の過程で、人類はコレステロールを効率的に代謝する仕組みを獲得した。
ゴリラにはないようだ。
チンパンジーにはあるが、人類ほど進んだシステムでないようで、
チンパンジーに肉を与えて育てると、短命に終わるという。
肉食することにより、人間はチンパンジーより倍の寿命を獲得したという。
蛋白食のおかげでしょう。
近頃読んだ本の受け売りです。
------------------------------
人類は、過酷な生存競争にさらされ、ようやく生き延びてきた。
そのため、免疫システムは高度に発達しているという。

一時、狂牛病が騒がれていた。
ウシは草食。
肥料の中に、病気にかかった羊を粉砕したものを、栄養補強材として入れていた。
動物食をしていない牛には、プリオンに対する防御システム/免疫システムはない。
あっという間に広がっていった。

人間には、動物食をしていたため、遺伝子に二つの変異が起こり、
この免疫システムを持っているという。
どの民族、どの人種にも、二つある免疫遺伝子の一つは必ず持っているという。
それが、人間が人間を食べていた証拠だと、本には記述してあった。
------------------------------------
この写真を見て、舌なめずり人もいれば、
残酷だと眼をそらす人もいるだろう。
「新しい料理法の発見は、新しい星の発見よりも人間を幸せにする。」
不名誉・不都合な事実でも、見つめる勇気は必要だろう。
スポンサーサイト



  1. 2017/03/30(木) 23:06:11|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<靖国神社へ行く | ホーム | 大井町へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/922-27a03100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR