FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

デジタルの眼 フィルムの眼

先週は喉が痛く、少し熱っぽい日が続いていた。
散歩に出るわけにもいかず、謹慎生活。
ネットをサーフィンし、他の人のブログを覗いていた。

白黒の対比の美しいブログにぶつかる。
お、これは好い、モノトーン写真だと喜ぶ。
銀粒子の出たような画像がある。
白黒フィルムで撮影しているようだ。

フィルムでこのトーンを出すとしたら、かなり難しい。
どんなフィルムで、どんな現像液を使っているのだろう・・・と思えど、
撮影のデーターは一切載っていない。
それならばと、ブログをどんどん朔流し過去の画像を見ていく。

次々に 白黒の対比の美しい写真が出てくる。
見つづけるうち、少し変だなぁと気づく。
銀粒子のざらつきが 消えていた。
デジタルらしい。
どうやら、ハイコントラスト白黒モードで撮影したもののようだ。
機種はソニーNEXではない。どこのデジカメだろう? 
しかしその情報は一切載っていなかった。

2011年11月からブログを初め、今まで約400葉の写真を載せていた。
凄い人を見つけたと喜んだのに、がっかりしてしまった。

これは、努力して獲得したカメラの眼でないだろうと、勘ぐってしまう。
この人の眼というより、他人(メーカー技術者)の眼を拝借しただけ。
金で買った義眼のようなもの。
HCB&Wモードにして、手あたり次第撮っていったら・・・・5年もしたら それなりに作品はたまる。
ブログの題はキャッチーだし、写真もインパクトあっただけに、「騙された感」が強くなってしまった。

でも、これが技術の進歩というもの、
目くじら立てるほうがおかしいと言われてしまいそう。
騙されたなどと云う小生は、時代遅れの偏屈人間なのだろう。
インパクトある写真は それが どう撮られてたものであっても、
インパクトのある写真と評価すべきだろう。


病気明けに最初にテストしたのが、
「フィルムの眼」によるHCB&Wモードの真似ごと。
現像で、トーンを少し間引けばできるはずと ひりひりした喉を気にしながら考えていた。
比較に、ソニーNEX-3をHCB&Wモードにして撮影した。
お彼岸958-16
NEX-3についているレンズの焦点距離は16mmなので、フィルムカメラには同じ画角の24mmレンズを付けて撮影。
少し露光を少な目にし、やや硬調な(Ⅳd)液で押し気味に現像した。
お彼岸DSC01040
NEX-3につけたソニーの16mmレンズなかなか優秀だと思うけど、約40年前のNikkor 24mm F:2.8のレンズも、優秀だと思う。
広告の文字など、デジタルより鮮明。
お彼岸958-20
お彼岸DSC01044
昔は、フィルムで如何に滑らかな画像を得るか苦心していた。
35mmフィルムでは 銀粒子のでたザラとした写真になりやすい。
それを避けるため「超微粒子現像法」などの特集も組まれ、写真雑誌には載っていた。
それでも不満なら、大判カメラで撮ることになる。
しかし、大判カメラは、プロの世界、素人には敷居が高すぎた。

いまは デジタルの時代、粒状性が問題になることはない。
デジタル写真は滑らかです、昔の大判カメラ並みに。
工事用の板塀、防護ネットの質感、いずれもデジタルのほうが滑らかで、眼に優しい。
35mmフィルムは、劣っています。
お彼岸958-21
お彼岸DSC01045
シューウインドウを写したものは、フィルムのほうが 少しいいのではと 贔屓目に見ています。
お彼岸958-29
お彼岸DSC01058
しかし、これはデジタルのHCB&Wモードのほうがいい。
フィルムでは 壁の部分に、ザラッと粗れた銀粒子がでて・・・見苦しい。

自分の手で現像している人なら、
工夫すれば、フィルムでもデジタルのHCB&W風写真を撮ることができます。
それを確かめただけ。
だからどうなの?と詰問されると・・・・黙りこくってしまいます。


スポンサーサイト



  1. 2017/03/19(日) 22:36:25|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白木蓮を見る眼 ・・・カメラの眼、レンズの眼 | ホーム | 今年の梅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/912-7b808902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR