FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

カメラ抱えて何している?

熱は下がり、平熱に戻ったが、まだ、喉に痛みが残っている。
そしたら、妻の具合が悪くなってしまった。
症状は数日前の小生に似る。
そろそろ 老々介護の時代になってきたのかも・・・・
今日も 外出は控えることになるだろう。
------------------------------------------
面白いなぁと思う場面に出くわせば、
シャッターを切ることはあるけれど、それは稀なこと。
見慣れた場所を散歩すれば、平々凡々驚くような対象に出会うことはまずない。
それでも シャッターを切っている。

対象の凄さが、写真の凄さだろうか?
対象の美しさが、写真の美しさに直結するだろうか?
そうは思わない自分がいる。

妙齢の美人を撮影し悦にいっている人はいる。
だれが撮っても綺麗な人は綺麗に写る、特にこの頃のデジカメなら。
いいなぁと評価するのは、写真の美しさではなく、対象の美しさに心を奪われているだけだろうと思う。
対象におんぶに抱っこで撮らせてもらって それが写真の美しさか?
写真をなめるなよ・・・と悪態をつく。老齢になり切れやすくなっています。

平々凡々な日常生活の中に、新たな視点、新たな驚き、新たな美しさを発見し、
記録するのが小生の「お散歩カメラ」だと思っている。
この方向で進むか・・・・今年撮った写真を整理しながら、そんなことを考えている。
二段現像948 #3 Posi-31
普通に現像したら、見慣れた変哲もない、ありきたりの写真になる。
(Ⅰ)液と(Ⅱ)液を使用し、二段現像法で、ソラリゼーション風現像を行っている。
現像のさせ方でトーンは変わる、そして分かる、フィルムにはこのような光景が見えていたことを。
切り貼り、合成なしのストレートフォットです。
スポンサーサイト



  1. 2017/03/06(月) 11:49:13|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀座 松屋 「世界の中古カメラ市」へ | ホーム | マリ・カー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/901-f665bc74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR