FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

カメラの眼、レンズの眼があるなら、フィルムの眼が有ってもいい。

現在はデジタルカメラの時代。
「撮影素子」の眼の時代と言っていいだろう。
規則的に並べられた小さな素子に光が当たると、電子が飛び出る。(高い準位に遷移する。)
その生成量を計測し、二進数の数字に変換する。
素子からもたらされる膨大なデーターは、内蔵のコンピューターによって処理され、
画像データーに変換して、メモリーに記録する。
できる写真は各社各様の処理プログラムにより、それぞれ異なるようだ。
(小生には皆同じに見える。差異も分からないくらいみな綺麗)
明るい暗室でRAW現像するんです、ともっともらしいこと言うが、
人の手の関与できる部分は少ない。
マウスを持つ指先をちょこちょこ動かす程度。
あとはレタッチソフトで調整するだけ。
綺麗だけど金太郎飴のような写真ばかり、量産していく。

デジタルカメラは発展し、画像処理する脳の部分まで含んでしまった。
ボタンを押せば自動的に綺麗な写真を作ってくれるカメラなど、
余暇を楽しむ暇人の趣味になり得るだろうか??
カメラにおんぶに抱っこで写して貰って、何が楽しいのだろう??
趣味ならば、遊び心をくすぐる部分を多く残していてほしい。

カメラを愛玩する人は多い。
ライカ・ファンは その頂点だろう。
レンズに拘る人もいる。
いずれにしても希少性にこだわる。
かなり高価なカメラと高価なレンズが人気となる。
遊びだもの それもいいなぁと思う。
「カメラの眼」 「レンズの眼」なのだろう。

でも小生は「フィルムの眼」にこだわっている。
フィルムも入手がだんだん困難になってきた。
値段も上がっている。
趣味というより・・・・道楽の世界に入ったか?
フィルムの眼940-47
フィルムは 同じRetro400Sフィルムを使っている。
でも使った現像液は全て別。
トーンの調子、階調性は、それぞれ少しずつ違って現像される。
フィルム現像は一発勝負、間違えれば、望むようなネガを得ることはできない。
だから、面白い。
フィルムの眼941-8
フィルムの眼942-12
フィルムの眼943-9

スポンサーサイト



  1. 2017/02/08(水) 22:52:44|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィルムの眼   | ホーム | ちょっとシュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/880-33a2297e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR