FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

イヌシデも古木になれば・・・

樹の寿命は、桜でも80年程度だという。
イメージからすると意外と短命。
一方、背の高い樹は長寿命という。
イヌシデの幹は太いし、高くなる。
桜よりは長寿だろう。
イヌシデ935-25a
このイヌシデに出会ったのは、去年の10月中頃。
光は明るく幹に当たっていた。
普通の変哲もない樹に見えたが、
呼び止められる気がしシャッターを切っていた。
現像が上がり、ネガをPCに取り込む。
明るく写っているが・・・アッと驚いていた。
-------------
桜は短命な樹。
春先に淡い白い花を咲かせると、一瞬のうち、愛着に散っていく。
80年もたつと枯れ、倒木となり、土にかえっていく。
土地の記憶にはならない。
江戸時代、御殿山は桜の名所だったが、
今はその面影もない。
イヌシデは地味だが、しぶとく生き延び、土地の記憶をため込んでいく。
古木の異様な姿に、人知を超えた「何か」を感じ、畏怖しているのだろう。

荏原七福神めぐりの最後の札所。
これが撮りたくて、歩いてきたのかもしれません。
まだ、この樹、撮りようはあるとおもう。
スポンサーサイト



  1. 2017/01/24(火) 12:28:39|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イヌシデの樹を撮る | ホーム | 荏原七福神めぐり  Nikkor 24mm F:2.8 レンズで捉えてみました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/873-eb8db12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR