FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

戸越の秋を 傷だらけのゾナーで

何を思っていたのか、今となっては不明だが(それだけボケが進行)
数年前、ヤオフクに入り古いゾナーレンズを落札していた。
古いゾナーレンズなら、沢山持っている、なんで今更??
落札したのはジャンク品扱いのF:2ゾナー。
その割には高価だった。
手にしてみると、1933年製 ツアイスのゾナー。
初期タイプなので ContaxⅠ(通称 ブラック・コンタックス)用だろう。
前玉のレンズは摺ガラス状態。細かな埃で汚れている。
ノンコートだし平気だろうと、メガネの洗浄に使っている超音波洗浄機で、
少量の洗剤を入れ洗浄し、蒸留水でゆすぎ、自然乾燥する。
しかし、擦り傷までは治らない。
さてどうしたものかと思案。

結局 百円ショップで 透明のマニュキュアを買い、
酢酸エチルに一滴溶かし、(マニュキュア落としの液も 臭いは似ていました)
溶かした液を、スポイトで、レンズにポタリ。
均一に塗布するよう 手早く回転しながら 乾燥する。(すぐ乾きます)
2度、3度繰り返すと、傷も見えなくなる。
それ以来 このレンズを「傷だらけのゾナー」と呼んでいます。
マニュキュアで厚化粧したところで、内部の擦りきずがなくなったわけではない。
撮ると 画像は滲み、昔懐かしいようなテーストに仕上がります。

久しぶりにKievⅡ(ContaxⅡのクーロン・カメラ)につけて撮影した。
戸越八幡916 #1-3
秋を感じる写真が撮れないかと、近くの戸越八幡神社へ。
銀杏は紅葉していた。
このレンズ 解像度は高いが、コントラストは低く(細かな擦り傷のため)、
対象によっては ぼんやりとした/フレヤーのかかったような写真になりがち。
狛犬に葉の一枚でも乗っかっていればいいのですが・・・
戸越八幡916 #1-6
本殿の前に、菊の花が飾られていた。
「傷だらけのゾナー」だと、白くボーと滲んだ感じの菊の花になる。
最新の高価なデジタル・レンズでは出せない味だと思います。
戸越八幡916 #1-7
紅葉した葉を撮ったつもりですが・・・・白黒なのでこれが限界でしょう。
イロハ紅葉が 目に眩しかった。
スポンサーサイト



  1. 2016/12/04(日) 18:57:58|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黄昏時(たそがれどき) 散歩 傷だらけのゾナー | ホーム | 武蔵小山駅前にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/844-9f04ac59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR