FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

林試の森公園を歩く

1960年代くらいまで、
如何に、グラディエーションの豊かなネガをつくり、それを印画紙に焼き付けるかが、
写真家、アマチュア・カメラマンの腕の見せどころという感じもあった。
60年代後半から、写真の大衆化が本格化する。
誰もが、その気になれば、カメラを買うことができるようになった。
ベトナム戦争、ヒッピー、学園紛争・・・
時代の転換期、従来型の構図をきっちり決め、決定的瞬間を捉えようとする写真に、
異を唱える/あるいは唱えたい と思う人が出てきた。
「あれ、ぼけ、ぶれ」のコンポラ写真がでてくる。
東松照明の写真は、衝撃的、中平卓馬、森山大道がそのあとに続く。
以降は、白黒のコントラストの強い写真を 多く見ることになる。
それに慣れた、あるいは馴らされたのかもしれない、
デジタル・モノトーンの白黒のコントラストの美しい写真を見ると、
同じように撮ってみたいと 思ってしまう。(できないけど)

Retro400Sフィルムを 使いだし、
写真を始めた頃の・・・まだ、アレ・ボケ・ブレ写真のなかったころの、
如何に精細で階調性の豊かな写真を作るか、
腐心していたころを思い出していた。
グラディエーションの豊かな写真は、ともすれば 目を引かない眠い写真になりがち。
フィルムで、階調性の豊かな写真を撮りたがるのは、前世期の遺物かもしれない。

林試の森を散歩して 撮った写真。
林試の森881-6
林の中の露光選びは難しい、読み違えることが多い。
Tri-Xだと、こういうトーンにはできなかったと思う。
林試の森881-20
Greenフィルターでも撮影してみたが、階調性はR72フィルターのほうが、断然豊かだった。
林試の森881-14
林試の森881-23
通り過ぎる後姿を 構図の中にいれようとしたが、女性は気になっていたのか、振り向いてしまった。
逆光、草花を明るく出したかったのでGreenフィルターをつけ、やや多めの露光にしています。

パッとした(キャッチーな)写真にはなりませんが、
こんな階調性の写真が 好きなのかもしれません。
スポンサーサイト



  1. 2016/09/08(木) 14:15:47|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大崎 居木橋付近を散歩 | ホーム | Retro400Sフィルムで撮る         フィルターワーク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/805-523b1c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR