FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Retro400Sフィルムで撮る 反射光

恵比寿駅近くで撮影したもの。
日本の落書きとは テーストが違う。
嘗て、まじめな会社員時代、訪れたアメリカ西海岸で見た落書きに似ている。
現地の人は、フィにアクセントを置いて「グラフィーティ」と呼んでいた。
スペルは graphiity?だろうか。
文字を書きなぐったものから、アブストラクト絵画調まで多種多様だった。
高速道の壁に描いてあったが、今はどうなのでしょう?
恵比寿879-12
さすが、恵比寿です、落書きというより壁画の域に達している。
戸越の里では、見ない立派な作品。
光は順光、壁画に当たった反射光の世界。
空の透過光は、フィルムに入ってこない。
ネガのトーンを知るにはいい被写体。
昔を思い出し、思わず一枚 テスト撮影しました。

Retro400Sフィルム、現像してみると、トーンの調子が Tri-Xなどのパンクロフィルムと違っている。
テストチャートの撮影結果は、グラデェーションの豊かなフィルムという評価だったのですが、
むしろ、トーンの調子が独特(直線ではない)のようです。
解像度はかなり高い、・・・おそらく乳剤の厚みが薄いためでしょう。
粒子の粒界、はっきりと出やすいので、大きく伸ばした場合 問題かも。
粒界をぼんやりとさせるよう現像液を改良すべきかもしれません。
一本当たりの銀の量は、Tri-Xより少ない。それでも ネガ濃度はでる。
しかも、暗い部分にも銀塩濃度は出る/残るので、この辺りを評しRetroと命名したのかもしれません。
なかなか 個性的で面白いフィルムです。
------------------------------------------
昔のフィルムは乳剤の厚みがあり、陰になった部分にも銀塩画像が残ったと言います。
木村伊兵衛は、対談の中で 昔のフィルムを「足がある」とか、「幽霊にならない」と評していた。
Tri-Xフィルムが開発され、使い良さから人気になると、フィルムメーカーもそれに倣ったが、
陰の部分の足がなくなり すとんと落ちると酷評していた。
勿論、良い面も たくさん述べていましたが・・・・
小生、フィルムを使うようになったのは、Tri-X以降なので、昔のフィルムを使った経験はない。
足の「すとん」と落ちたフィルムしか知らない。
これが 足が残るフィルムなのかもしれません。
乳剤の厚みも薄くなり、少々高温で現像しても、ゼラチンが溶け出すこともない。
フィルムの解像度も高いようだ。
アグファのフィルム技術はすごい。
それに 見合うよう/引き出すよう試行錯誤して 使いこなすのが、
アグファ技術者への礼儀/返礼だろうと思う。
---------------------------------------------------
P.S.
小生の持っている古い辞書には
graffitii とう単語は載っていない。
電子辞書で調べたら、(壁や便所などの)落書きと出ていた。
新しい言葉のようです。
語源は、graffito ではないでしょうか?
graffitoの意味は、
古代ローマの円柱や建物などに、彫られたり、傷つけたり、描いたりしたもの 
とのこと。
スポンサーサイト



  1. 2016/09/03(土) 12:45:12|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Retro400Sフィルムで撮る         明暗差のあるフレーミング | ホーム | Retro400Sフィルムで撮る R72フィルターを使う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/802-d1cba465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR