FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

武蔵小杉へ

住みたい街ランキングで 上位に入ったと テレビを見ていた妻が言う。
「武蔵小杉」 
町の名は、知っていたが、その町がどこなのか、判然としない。
地図を探したら、今は意外と近い場所になっていた。
新宿ライン 大崎から二駅、西大井からなら、一駅で着く。
品川区を出たら、大田区で止まらず、多摩川を越して川崎市の武蔵小杉駅。
近いじゃないかと思う。
どうして気づかなかったのだろう?
早速、カメラを持って 散歩に出た。
西大井までは、大崎駅に出るのとほぼ同じ距離。
大井町や、五反田の駅より少し近い。
西大井876-20 Ⅱ
大崎からは新宿ラインの電車が、品川からは湘南電車がやってくる。
直通快速や、特急は止まらないものの、10分に一本くらいの間隔で電車はやってきた。
武蔵小杉876-22
乗車時間は、ものの5分で武蔵小杉の駅に到着する。
駅前の交通案内をみて、ようやく気付いた。
小生にとって、「武蔵小杉」は通過駅だった。
自由が丘で大井町線から東横線に乗り換え、日吉、綱島、菊名、横浜へ行くが、
この駅で降りたことはない。
南武線を利用するときは、大井町線で溝口へでてそこで乗り換える。
武蔵小杉で乗り換えること、思いつかなかった

新丸子の隣の駅と言われたほうが、イメージは浮かんだろう。
下丸子、丸子橋、新丸子、「丸子」と言われると、多摩川の川崎側の川辺を思い浮かべる。
新丸子駅近くには商店街があった記憶が残る。
武蔵小杉876-37
高層マンションが林立していた。
武蔵小杉876-25
大崎駅近くの再開発地域と似ていた。
大崎駅近くは、小さな町工場と、そこで働く人の小さな家やアパートがひしめいていた。
再開開発ではそこが更地にされ、高層住宅になってきた。
この辺りは、畑が多かったのだろう。大崎ほど 空の狭さを感じない。
大型のスーパーもあり、若い人には住みやすいかもしれない。
武蔵小杉876-33
渋谷へ出るにも、東京に出るにも、横浜へ出るにも便利。
良いところに違いないが・・・生活感がすくないのは寂しい。
何となく効率的。
テキパキ行動できない老人が、
新しい効率的なシステムに馴染めるか・・・・
駅のレストランへ入り、昼食をとったが、
テーブルに座っているのは 若者と小さな子供を連れた夫婦。
老人は小生 一人だけだった。
スポンサーサイト



  1. 2016/08/22(月) 14:56:51|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武蔵小杉から多摩川へ | ホーム | 東京タワー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/795-0149988d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR