FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Sony NEX-3の限界を確かめる。  オートHDRで遊ぶ

ソニーNEX-3に組み込まれている オートHDRの機能を使って撮影してみた。
生成したHDR(ハイダイナミックレンジ)画像は、
陰の部分、明るい部分にディテールが残っている。
そのため全体の印象は軟調な画像で、眠い感じになる。
レタッチソフト(PSE)でトーンを変え、陰の部分、明るい部分を残し、コントラストを上げてみた。
色に関しては一切加工を施していません。
Auto-HDR-DSC00233.jpg
Auto-HDR-DSC00235.jpg
手持ち撮影していますが、エッジを検出して3枚の画像を(カメラ内のプログラムで)合わせているのでしょう、
等倍まで拡大して調べましたが、ズレはありません。
Auto-HDR-DSC00239.jpg
歩く人、ぶれて写ってもいいはずなのに、ブレを感じないのは何故?
ソニーの技術者達の 画像処理の考えが独特なのか、それとも他のメーカーも同様に行っているのか、判りません。 
Auto-HDR-DSC00253.jpg
Auto-HDR-DSC00255.jpg
そういえば この頃ネットサーフィンすると、こんな調子のブログに入ることがある。
ポップアート風写真で埋め尽くされている。
確かに、フィルムの時代、絵画調の写真を撮ることは不可能に近かった。
しかし、いまなら、
You Press the Button, Sony Dose the Rest.
至極簡単に撮れる。
特別な能力を持っていると自惚れていないと思うけど、しかし、Just Fun にとどまっているだろうか?
Auto-HDR-DSC00257.jpg
Auto-HDR-DSC00259.jpg
Auto-HDR-DSC00261.jpg
Auto-HDR-DSC00263.jpg
新しい視点も、簡単に撮れるようになると、陳腐なものになる。
押せば撮れる。
しごく簡単に達成できることに、人はいつまでも意欲を燃やせるだろうか?
厭きないかねぇと思う。

オリンピック放送を見ながら、そんなことを考えている。
TVの画面には、意欲を燃やし続けた人達の戦いが続いていた。
スポンサーサイト



  1. 2016/08/11(木) 14:22:03|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<散歩   大崎、五反田 周辺 | ホーム | 写真なんて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/789-5ff8cac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR