FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

お台場にて (フィルムカメラで撮影したもの1)

どうしても撮っておかなければという使命感があるわけでもない。
テーマは希薄、なんとなく撮っているだけなので、
10年目に突入すると、マンネリになり、スランプ状態に陥っている。

先月の初め、「呼吸するように撮る」つもりで散歩したとき、
(持って出たものの)ほとんど使わなかったフィルムカメラに写っていた写真。
お台場870-30 Ⅱ
露光は空に合わせて決めた。
フィルターを持っていけばよかったと思う。
それでも、今のフィルムはパンクロ・タイプ、少な目の露光にすれば、空の調子を落とすことができる。
50年以上前になるが、
如何に豊かなグラデエーションを印画紙上に焼き付けることができるかが
モノトーン写真の美しさだと思っていた。
今は、それほど気にしなくなったが、
それでも 豊かなグラデーションのネガを見ると、いいなぁと思ってしまう。
お台場870-31
手前の葉に気をとられ水平線が大きく傾いてしまった。
不安、不気味さ・・・・の演出をしようと、全体を強く焼き付けた。

デジタルHCB&Wモードの写真のほうが、すっきりとして見やすい。
見やすいけど、心にピンとこない。
ピンと来ないのは、新しい表現への怖れと拒否する心があるからだと思う。

デジタル画像を、焼き込もうとして、
PC上でスライドバーを操作するが、グラデーションに破堤が出る。
デジタルデータ 意外と粘りがない。
ここまで焼きこむことはできないだろうと・・・嘯く。

説明の得意なデジタル、情感を表現したいならフィルムと、勝手な思い込みをしている。
この思い込み、そのうちステレオタイプ的な見方と批判され、馬鹿にされるのだろうなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2016/08/04(木) 10:18:40|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お台場にて (フィルムとデジタルの比較) | ホーム | デジタルカメラ Sony NEX-3の限界を確かめる。  オートHDRを使う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/785-9609da60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR