FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

ポートレート 女性を撮る

先週の水曜日、
演劇のオーディションに応募するので写真を撮ってくれとのメールが入る。
(以前から聞いていた件なので)OKの返信すると、
返ってきたメールでは、応募の期限が迫っている、
火曜には応募用紙に貼り付けて郵送したいという。
しかし、小生、木金は家の修理を業者に頼んでいるので、開けられない。

小石川・後楽園の花菖蒲が見ごろを迎えたというニュースがあったので、
土曜日 飯田橋駅、1時に集合と決めメールした。
すると、金曜の夜になって、再びメールが入る。
都合ができたので、集合を4時にしてくれと・・・・
待ったなしなので、4時で了解した。
カラーより白黒で撮ってほしいと言っていたが、
土曜日にフィルムで撮影し月曜に写真を手渡すとしたら、日曜の昼の時間は 写真に掛かりっきりになる。
明るい昼は貴重。今回は、デジタルで撮り、白黒変換する旨を伝えた。

結局、集合時間に15分ほど遅れてやってきた。
小石川・後楽園は5時で閉園、時間が足りない。
仕方なく、近くの公園で撮影する。
ポートレートDSC08324 Ⅱ
勝手にポーズをとり、さあ撮ってくれという。
いつものことだが・・・
応募用の写真だから、指名手配のような写真だろうと思っていた。
応募用紙には、「全身像で顔がはっきりと写っていること」という注意書きがある。
横顔では不適正ではないか? 派手なポーズもまづいのでは?
役のイメージに合うかどうかを知りたいだけだから、
光をコントロールした「芸術的」なポートレート写真は望んでいないだろうし、
派手な振り付けをした写真も望んでいないだろう。
スタイルと顔がはっきり写っていればいいのでは?と小生の懸念を伝える。
そのあたりに、依頼者と撮影者(小生)のあいだに認識の差がある。
-----------------------------------------------------------------------
見栄えする写真を撮るのが、カメラマンの腕の見せ所。
素敵な人は、一層素敵に見えるように撮るのがポートレートの基本だろう。
ブスッとした顔より、笑顔のほうがいい。
上の歯が少し出たほうが、笑顔になり可愛く写る。
柔らかな光が、右上、あるいは左上から入ってきた方がいい。
ピントは基本的には、眼に合わせるなどなど・・・。
見栄えする写真を突き詰めていったら、誰が撮っても同じような写真に収斂していく。
こうした技法で撮影した「素敵なポートレート」でも、
「この人の人柄の良さ、優しさを、表現できたと思ています。」などのコメントを読むと、
このカメラマン 本当に「人」を撮っているのだろうか??
と、偏屈な小生は、思ってしまう。
見栄えよくするためのポーズの指示を、いままで一度もしたことはなかったが、
正面を向き、特別なポーズをしない写真を一枚撮らせてくれと(珍しくも)声を掛けていた。
ポートレートDSC08408
それが、真ん中のカット。
これを応募用に使ったらと勧めたが、当人は気に入らないらしい。
左の写真も不可。
右の写真で 不承不承これでいいかなぁということになった。
横顔だが・・・いいのだろうか?横顔がはっきり写っているから・・・・
------------------------------------------------------------------
自由奔放、踊るようにポーズをとる。
お互い非干渉が原則、こちらも黙って(撮るよと断らず)シャッターを切っていた。
これじゃ、応募用写真にはならない。
ポートレートDSC08440 c
ポーズとポーズの間の、すこし緊張が緩んだ瞬間、近づいて2カット撮影した。
これは最初から狙っていた。
それだけ、悪質な行為かもしれない。
確信犯です。
右目は、冷静に、あるいは冷酷に外界を観察し、評価し、どう行動したらいいか見ている。
ポートレートDSC08439c
しかし、左目は、外界を見ているようで見ていないだろう。
眼差しは自分の心の中に向けられていると感じた。
数秒の間隔で2枚撮影。構図はほとんで変わらない。
ピントを違えただけ。
それでも、写真は捉える。
写真は恐ろしい。
「ポートレート写真」を撮っていますと 平然と、何の怖れもなく言うが、
ポートレート写真には、無遠慮に相手の心の中に手を突っ込んで、
見せたくない奥底を白日のもとに晒してしまう,ゴシップ記事に似たいかがわしさがある。
これこそが 盗撮写真ではないかと…怖れている。
気づいているから、意識的に撮影したのだろう。

小生の心も、相当に腹黒い・・・・ 
スポンサーサイト



  1. 2016/06/17(金) 14:42:40|
  2. 人物 ポートレート 踊り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポートレートとは? | ホーム | 林試の森公園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/758-0140f9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (127)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (112)
レンズの眼、カメラの眼 (43)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (107)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (280)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (60)
樹、草、花  (74)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (34)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR