FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

林試の森公園

扱いにくい純機械式フィルムカメラでも10年撮り続けていたら、
勘(経験)で露光を決めても、大きく間違えることはなくなる。
何かしらネガに残っている。
しかし、簡単に写せるようになると・・・
逆に、写真を撮ること自体のハードルが上がってきたと感じていた。
逃げ道がない。
----------------------------------------------------------------------
足掛け3年ほど、写真倶楽部に参加していた。
「ここが、いいですよね。」などと、倶楽部の人が写真を褒めてくれると、
つい調子に乗り、その良くなった構図、光の当たり具合を更に追及していく。
そんなことを重ねていくと、やがて美しいが特徴のない写真になっていく。
写真倶楽部に参加する人達の写真も、最初は玉石混交、
バラエティが豊富で、意外な切り取り方もあると、感心していたが、
やがて、洗練され綺麗になっていき、誰が撮影したか判別できなくなっていく。
お遊びの写真だから、そんなものだ・・・・・と割り切ればいいのだが、
小生にとっては、これが、怖い。
誰が撮っても同じじゃ~~ん
これでは駄目だろう。
写真倶楽部から、離れた。
今は、写真を撮るのが、少々、怖くなっている。
------------------------------------------
5月下旬の土曜日、林試の森を散歩したとき撮影したカット。
林試の森864-17
以前だったら、もっと集団に近づき、撮影していたかも。
林試の森864-18
露光を読み違え、1絞~2絞り 露光が足りなかった。
林試の森864-19
人間の存在が 感じられる程度でいいか・・・など少々消極的(逃げ腰)になってしまった。
スランプかなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2016/06/14(火) 15:30:04|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポートレート 女性を撮る | ホーム | 羊歯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/757-4b911a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR