FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

ピントを合わせる

このグログ、小生の備忘録のようなもの。
写真をどうとらえているか、考え方の変遷が、少しは判るのではないかと、
整理のつもりで書いているが、読んだ人は退屈だろうなぁ。

たまたま、覗いてみたが・・・面白くないと、二度とこないだろう。
それでも、時たま拍手をしてくれる人がいる。
まぁ、小生のような偏屈な人も 中にはいるのだろう。
---------------------------------------------------
機械式のカメラは、使いこなすために、かなりの訓練が必要だった。
露光計はついていないので、絞もシャッター速度も 自分で決めなくてはいけない。
ピントを合わせ、手振れしないよう持ち、フレーミングして シャッターを切る。
フィルムを取り出し、現像し、できたネガを、引き伸ばし機で印画紙に焼きつける。
ようやく 一枚の写真になる。
その機械式のカメラが主流だったのは1960年頃まで、
プロの写真家になるためには、それなりの修業が必要だった。
使いにくいカメラを使いこなし、現像し、焼き付ける。
有名写真家あるいは写真館の下に入り、徒弟のような形で写真術を習う。
中学を卒業し写真で身を立てようとしたら、4,5年の丁稚奉公をし、
20歳の頃には一人前となり、のれん分けてして貰い、独立したのだろう。
誰でもできるものでない。一種の技能職。

今は違う、カメラを買い、写真家だと覚悟できたらプロの写真家だろう。
1965年ごろからカメラの電子化が始まる。
最初に組み込まれたのが、AE 自動露光。 
絞りとシャッター速度を加減して露光を決めていた。
光を読み違える・・・これが素人の失敗原因の第一番。
その失敗をカメラが自動測光して解決してくれる。
これが劇的な変化を生む。
露光計付き一眼レフ(当時日本ではTTLと呼んでいた。もう死語かもしれません。英語ではBTLと呼んだと思います。)
が発売されると、そのカメラを手に入れれば、翌日から「俺はカメラマン、俺はプロだ」と宣言することも可能な雰囲気が出てきた。
その後は モータードライブが入り、90年代になると、自動ピントがカメラに組み込まれる。
そして ついに手振れ防止がレンズに組み込まれ、カメラは、ほぼ完成形に近づく。
これはまた、全自動ロボットカメラの出発点ともいえるだろう。
デジタル素子を組み込んだカメラの出現。
1990年代後半からは、デジタル素子がフィルムの替わりに登場する。
これにより、機械式カメラで撮影する敷居の高さは、消失した。
フィルム代を気にして撮っていた素人の気がかりは消える。

ピントが決まったトーンのしっかりた写真を撮るだけでも、それなりの訓練が必要だったのに、
全てカメラが解決してくれる。だれでも写真家の道が開かれた。
どう撮るかというテクニカルな面(How to)は簡単に解決できるようになった。カメラに任せればいい。
表現本来の、「何をとるか」、「どういうテーマで 対象物を切り取るか」という撮影者の考え/覚悟が前面に出てくる。
良い時代になったと思う。
誰にでも開かれた領域にこそ、芸術が花開くと思うから。
才能さえあれば、画家になれる、ミュージシャンになれる、小説家になれる。
画家の補助具だったカメラ・オブスキュアが、ようやく画家の手を離れ、誰でも参加できる道具(筆)になった。
すごい写真家が現れ、写真を名実ともに芸術作品へと押し上げてくれるかもしれない。
そんな期待をしている。(現れないかもしれませんが・・・・)

最後にちょっとしたテクニック。
ピントを合わせたい対象物が中心にない時、コサイン誤差に注意という テクニカルな問題。
これも、やがて、デジタルカメラの進歩で、簡単に解決できるようになると思いますが、
まだ、カメラにその機能はあっても、使いにくいようです。

ファインダーの明るい(当時高価な)一眼レフカメラであれば、構図を決めてから、
周辺部のマット面でピントを合わせても、それなりの精度があり、ピント合わせOKです。
構図を決め(固定し)鳩にピントを合わせシャッターを切りました。
鳩859-44a
鳩をファインダーの真ん中にして、中央のスプリットイメージで合わせれば(これも死語かなぁ、マイクロプリズム式が多いから・・・)正確ですが、カメラを振って構図の位置までずらすと コサイン誤差でピントが狂います。
f:2.8と絞りを開けているので、被写界深度は浅い。ボケてしまう。
くっきりさせたかったら、絞値をあげ 被写界深度を深くしなければなりません。
前方、後方ともくっきりし、テーマとする対象物が埋没してしまうことになる。
そこで、鳩をくっきり写すためには、周辺のマット面でピントを合わせました。
高級な一眼レフの出番です。
----------------------------------------
なんで今頃・・・
実は ポートレートを撮るためのテスト。
レンジファインダーカメラだと、目に合わせた後、カメラをずらし構図を決めるとき、眼にピントが来ない恐れがある。
それを避けるため、f:5.6とかf:8に絞って被写界深度を深くして誤魔化すことになる。
できれば f:1.4~f:2.8で ポートレート写真を撮りたいと考えている。(この辺りは テクニカル)
パララックスの問題もあるので、ポートレートには一眼レフ、Nikon Fだろうなぁ。
Nikon Fは 純粋な機械式カメラ、電池は入っていません。
1965年以前の撮影術を踏襲して撮っています。






スポンサーサイト



  1. 2016/06/07(火) 16:25:29|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍が飛ぶ | ホーム | 有楽町から新橋まで 一駅散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/753-2d41371a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR