FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

カーブミラーに映る桜

12日間以上にわたって今年の桜を追った。
費やしたフィルムは12本。全部で440カットほど。
デジタル・カメラを持たしたら2000カットは超えていただろう。
選ぶのが大変になる。
440カットでも、大変だった。
ミラー838-14
3月24日 開花が確認されたとき、五反田の海喜館の脇に設置されたカーブミラーに、桜が映っていることに気づく。
それからは、この前を歩くときは、努めてカーブミラーの桜を撮るようにした。
一種の定点撮影。
ミラー839-2-25
どうなるかと、ソラリゼーション現像してみました。
ミラー840-9
ほぼ満開。この辺りが、ありきたりだが、ベストショットかなぁ。
ミラー843-16
カーブミラーに映っている桜は、道路に張り出した海喜館の桜です。
この写真だけ21mmの広角レンズを使用して撮影。
ミラー844-25
バックを黒く落としカーブミラーと、そこに映る桜を浮き出させようとして、ストロボを使用したが・・・・イメージしたようには撮影できませんでした。
カーブミラーに映る桜を撮る・・・それだけでも作為的。
更に作為を加えるなら、演出/作る写真だろう。
散った桜の花を集め、上から降らせ、多灯ストロボ・・・・手助けしてくれる人もなければ、機材も不足。
これは失敗作。
一本のフィルム全部使って、一つの対象を撮りきる。
一つの対象を、長期間にわたり撮り続ける。
そんな撮影があってもいい。
失敗に学ぶ。
また一つ学習。
スポンサーサイト



  1. 2016/04/22(金) 07:06:57|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<構図   ・・・目黒川の桜を撮って感じたこと。 | ホーム | 水たまり そして桜   ありふれたフレーミング。模倣かなぁ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/724-afe8dd3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR