FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

川面にある如く

映り込みは、良く行われる写真フレーミングの一つ。
湖に映り込んだ綺麗な景観を 画面に取り込む。
現実の風景/光景と、水面に映りこむ景色の割合(バランス)がポイントになる。

目黒川の川面は暗い。水質が良くなったとはいえ、底にはまだヘドロが溜まっている。
遊覧船、モーターボート、モーターバイクの一団が通り過ぎると、花筏は掻き散らされ、
川底のヘドロは水面まで巻き上がり暗く濁る。
光線の具合では薄みどり色に濁る。
そして、川面に点々と黒いヘドロが浮き上がっていた。

汚れた川面をじっと見ている。
別の世界が見えている・・・隠れていた異界。
意識できる世界の底に潜む別世界が浮かび上がる感じがする。
シュールリアリズム?
これは映り込みでない。
そんな 気がしていた。
川面と桜843-31
現実のものは桜の花だけ、川面に映った影(陰)の世界が浮かび上がる。
縦・川面と桜849-27a
風景写真の映り込みでは、現実と映り込んだものの対比がポイント。
それが判るようにフレーミングする。
しかし、このフレーミングでは(意識的に)実世界を排除している。
何を感じ、何を期待しているかで・・・フレーミングは変わる。
鏡の世界。
不思議の国のアリス・・・・の世界にはなっていないけど。
川面と桜843-21
異界に引き込まれようとするが、桜の花に気づき我に返る。
大した写真ではない、ありきたりの写真じゃないか。
水面に映った陰に過ぎない。
縦・川面と桜849-29
こうなると駄目、もう引き戻れない。
アブストラクト、絵画の世界に迷い込んだ気がする。
カラーで撮影したら、だれもそんな気にはならないだろう。
駄作だろう。なにが撮りたかったかと、疑問を投げかけられる。
目黒川の川面をカラーで撮っても、美しい写真にはならない。
引き込む美しさはない・・・と思う。
モノトーンにすることで、汚い色彩は消える。
目の前の光景はアブストラク化され、隠れていた姿を鋭く表すようになる。
これは、「映り込みですね」と訳知り顔に分類すべきフレーミングではないと思う。
薀蓄も語れない。

スポンサーサイト



  1. 2016/04/19(火) 08:07:54|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花筏の流れる川 | ホーム | 紋様 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/721-a4862ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR