FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

雨と桜

青い空に桜の花は映える。
今年の東京の桜は、デジタルで撮る人には、あまり良い状態ではなかったろう。
しかし、雨が降ったのは一日だけ。
夜半に降っても朝頃には止み、終日曇りの日が続いた。
空の一部に青空がでても、長続きしない。
----------------------------------------------
去年、紅葉を撮ろうと赤外400Sフィルム 一缶(100フィート)を購入していた。
冷蔵庫を見ると、まだ4本 残っていた。
期限は3月で切れている。
赤外部の760nmくらいまで感光するフィルムで、
通常のパンクロフィルムのようにも使える。
期限切れだが冷蔵庫で保管していた。
この機会に、全て使い切ろうと、カメラに詰めていた。
---------------------------------------
雨の日、散歩したことはないが、
毎日、桜を撮ろうと決心していたので、
カメラを首にぶら下げ傘をさし、大崎の目黒川を歩いていた。
雨の日の散歩など、したことない。
どう撮っていいものか・・・・経験不足を痛感。
雨846-57
どう切り取っていいか判らなくなる。
切り取ろうとしても、わくわく感を感じない。
対象の光をあまりに知らないことに気づく。
撮影したことがないので、失敗経験が不足している。
雨846-63
どうしても、写真雑誌等でみたフレーミングになる。
雨846-64
使い古された構図、
刷り込まれているのか、うまい人の真似をしている。
まねたところで、評価はされない。
むしろ酷評。
後進国が先進国のコピー製品を作るようなもの。
凡人は、たくさん撮り、たくさん失敗作をつくらないと、学べないということだろう。
折角、赤外フィルムを詰めていたのに、陽射しがないからと 赤外線フィルターを外して撮影していた。
R72フィルターをつけて、だめもとでも 写しておけばよかった。
失敗し痛い思いをしないと、進歩はない。




スポンサーサイト



  1. 2016/04/16(土) 12:38:42|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸越の桜   | ホーム | 妄想の花見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/718-dd96e0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR