FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

桜のクローズアップ写真

コンパクト・デジカメでも、かなりの接写が可能で、
綺麗な花を見つけると、カメラを近づけ 花の接写をしている人を見かける。
今回、何日も目黒川を歩いたが、本格的なデジタル一眼を持つ人が減り、
代わって携帯電話やタブレットで撮影している人が増えていた。
写真の知識など持ち合わせているとは思えない若い女性が、
タブレットを使って 桜のクローズアップ写真を撮っていた。
みせてもらったが、綺麗に撮れているので驚いた。
このまま、ブログ(あるいはSNS)に載せたら・・・・凄い画質。
完璧な写真になっている。
技術の進歩は凄い。
誰でも、上手に写真が撮れる。
写真が発明されたときの夢が実現したということだろう。
喜ばしいこと。

進歩に取り残されたレンジファインダーのフィルムカメラでは、
1mくらいまでしか、近づけない。
クローズアップ写真と呼ぶのは、おこがましいが・・・・
これが、小生のクローズアップ写真。
桜クローズアップ838-10
桜クローズアップ839-2-13
桜クローズアップ839-5-13
桜クローズアップ844-8a
桜クローズアップ846-84
桜クローズアップ847-11
桜クローズアップ848-21
2枚 一眼レフ Nikomart FTnで撮影したものが混ざっていました。
家から近いところでは一眼レフを使うこともあります。
重いので、散歩に持ち出すのに抵抗あり、
テスト撮影で使うことが多い。(今回は ソラリゼーション現像テストで使用。)
レンズは Nikkor 50mm F:1.4 最短は60cmまで近づけますが、そこまで近づいてはいません。
全て、50mm 昔、標準レンズと言われた画角のレンズを使用していました。
フィルムを替え、フィルターやストロボを使い、現像液と現像法を工夫し、写真を撮っています。
デジタル時代、参考にはならないでしょうが、
フィルムでこんなバリエーションも楽しめます。



スポンサーサイト



  1. 2016/04/11(月) 18:49:40|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後に撮影した今年の桜。 | ホーム | 夜桜ではありません。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/713-4d26bacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR