FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

「椿」  RPX400フィルム ソラリゼーション現像

前回の写真の作り方(答え)は、
「ソラリゼーション現像し、
できたネガを、スキャナーで取り込むとき、
ポジと指定し、画像をPCに取り込んだもの。」
でした。
昔なら、ソラリゼーションしたネガフィルムを、未露光のフィルムに密着させ、露光そして現像し、ポジ原版を作るところです。
その点、デジタルになり、簡単になりましたが、
やはり良いネガ原版を如何に作るかがポイントになります。
デジタルでも、レタッチソフトで同じような画像に変換する、スキルを持った人が出てくるとは思いますが・・・
小生は、Alchemist、時代遅れのアナログと馬鹿にされようが、ケミカル反応を選びます。
-------------------------------------
RPX400フィルムのテスト撮影をしています。
あと残されている検討項目は、ソラリゼーション現像と増感現像。
以下の画像は、ソラリゼーション現像して作りました。
ネガ・フィルムをPCに取り込むとき、スキャナーの指定は「ネガ」にしています。(前回は、変則のポジ指定)
椿833-22a
椿に対し+1~2絞りの露光。バックは暗く潰れるところですが、ソラリゼーション効果で明るくなっています。
椿833-21a
ストロボのガイドナンバーから計算すると椿の位置で適正露光。
白黒がほぼ逆転しています。
椿833-21c
ソラリゼーション向きの光の見極め、
露光はオーバーか、アンダーにすべきか
現像のいつのタイミングでソラリゼーション現像を行うか、
その現像時間の長さをどう決めるか、検討すべき項目は多い。
しかし、従来にない、様々な写真の表現が可能だとおもう。
失敗作は多くなるが、それだけ 面白い。
スポンサーサイト



  1. 2016/03/12(土) 14:30:41|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<八つ手を撮りたくて。  一本のフィルムに記録できた写真表現の多様さ | ホーム | どのように撮ったでしょうか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/690-97e40f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR