FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夜の散歩

「夜の散歩」というと 少々いかがわしい。
泥棒? 盗撮?と思われてしまう。
そんな悪人ではありません。 
散歩に出ると、すぐに暗くなり・・・・夕方の撮影になってしまう。
シャッターを押すタイミングが、たまたま暗くなってしまっただけです。
邪な気持ちは少しもありません。

空を見ると三日月が。
夜806-21
大崎から御殿山に上ると、フォトジェニックな建物が建築中。
閑静な住宅街で、近くにはミャンマー大使館や原美術館がある。
近くを通るときは、努めて記録することにしている。
露光を夕空に合わせ、建物をシルエットにして撮影した。
夜806-22
そのまま進み、ソニー通りへ。
左に折れ、五反田の駅に向かう。
駅前の歩道橋に登り、柵に肘をつけて、撮影。

"Night walk in Tokyo" 
フィルムの時代は終わった・・・ということでしょう。 
デジタルで写す時代です。
フィルムでは、暗い部分に銀塩の汚れた粒子が残ります。
建材の目地は、揺らぎ、表面をザラつかせます。
デジタルなら、目地は直線ですっきり、建材の表面は滑らか。
できた写真の品質は、明らかにデジタルに軍配が上がります。
なるべく高価な、ISO感度の高いデジカメを手に入れないと・・・・
------------------------------------
あと、一年は、写真を撮ろうと思っています。
そうフィルムで。

今年の 撮り納めは、26日に行う予定。
来年一年、東京の街を、散歩し、写真に撮ろう。
それで、限界と思ったら、カメラから足を洗うつもり。
10年撮って、何か得心できるものを得られなかったら、才能はない。
別のことに時間を使うべき、歳の残りをカウント(意識)せざるをえない。


スポンサーサイト



  1. 2015/12/23(水) 21:36:16|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<進む道 | ホーム | 12月14日 赤穂浪士討ち入りの日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/634-76ea6929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR