FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

泉岳寺まで散歩

先月の終わりごろから紅葉を撮ろうと、デジタルカメラを持って戸越公園へ通っていた。
最初は面白がっていたが、すぐに飽きてしまう。
デジタルカラー疲れ・・・なにか 面白くない。
生来モノトーン写真が好きなようだ。
10日以上、白黒フィルムから遠ざかっている。
母が使ったキャノネットのことを思い出し、久しぶりのフィルム撮影を行うことにした。
フィルムの長さは24コマ分切って入れたつもりだが、実際には28コマ撮れました。
泉岳寺まで-1
大崎駅近く。
土手の薄に光が当たっていた。
思ったより薄の階調が出ていない。
S型ニコンの50mm F:2のレンズなら・・・・白とびせずディテールが出たのでは・・・と思ってしまう。
泉岳寺まで-2
山の手通り、居木橋で撮影。
テストなので、あまり良い条件を選んでいない。
しかし、フレヤーも出ず、コントラストの高い描写力。
確かにいいレンズです。
暗い部分のディテールが出るか、チェックのためわざと前の植え込みを入れました。
これも合格。
フレーミング的には、入れない方がいいでしょう。植え込み前の舗道に立ち、撮影すべき構図です。
泉岳寺まで-3
これは、1絞り 露光が足りていません。セレン露光計 どこの光を測定しているのか? それが分かれば、対処できるでしょう。(露光計にも癖があります)
泉岳寺まで-4
カメラ内部で光が乱反射しているようです。
明るい空を入れると、長辺側に出てきます。
カメラ内にモルトンを貼る必要がありそう。
露光も2絞りくらいオーバーしています。
シャッターを押すとき、絞が固定できるまでゆっくりと押していくのが コツのようでした。(さもないと、露光はオーバー)
泉岳寺まで-5
前の葉にピントを合わせています。
露光も適正。
こんな写真が撮れる・・・売れたわけです。
泉岳寺まで-6
シャッター速度優先で自動露光してくれます。
露光計無しで撮影するには経験が必要(沢山失敗しないと・・・)。
その恐れがないので当時は革命的(革新的というべき)カメラでしょう。カメラ大衆化の先鞭を作ったカメラかもしれません。
1/125秒にして開放絞りで描写力をチェックすべきでした。
一段絞ったf:2.8で撮影していますが解像度の高い写真になっています。
確かにいいレンズです。
泉岳寺まで-7
明暗差の大きなフレーミング。カメラは、明るいほうの光で露光していました。暗いところは潰れています。
暗いほうを選んで露光を決め、撮影したショットもありますが・・・明るいビルのディテールが失われ、あまり綺麗な写真にはなりませんでした。
泉岳寺まで-8
建物には「高輪消防署」の看板がありましたが、今は警察署になっているのでしょうか?
空の部分に、光漏れの筋らしきものがついています。
泉岳寺まで-9
これは露光不足でした。セレン露光計、どこの光を測定しているのか・・癖を掴めません。
泉岳寺まで-10
12月14日(明日です。)は、赤穂浪士が、主君の仇、吉良を討ち取った日。
泉岳寺では赤穂義士祭が開催されます。その準備をしている様子です。
今 外は小雨が降っていますが、明日は曇り、義士行列のパレードも行われるでしょう。
明日は、品川プリンス・シネマへ、妻と映画を観る約束をしています。
終わるのは3時ごろ。10分も歩けば泉岳寺に着く。
パレードに間に合うだろうか?
映画を見終わったら、別れ、カメラを抱えて、行くかも・・・・
泉岳寺まで-11
暗いのでどうかなと思ったが、調子を崩さず撮れていました。
紅葉を撮影したのですが、モノトーンではその美しさ、記録できません。
--------------------------------------------------
長巻を切り、40枚~42枚取で フィルムをマガジンあるいはパトローネに詰めている。
近所の散歩なら3回でほぼ1本のフィルムを取りきる。1週間に6日散歩すれば、2本。
年間52週間とすれば、104本。 104×41コマ(ショット)=4264枚の写真を撮ることになるが、
実際は、それほど生真面目に規則的に撮っているわけでもない。
年間で3000コマ~3400コマ程度。(それでも、フィルムを使うアマチュアカメラマンとしては、多いと思うのですが・・・)
デジタルだと 一回の撮影で200回くらいシャッターを押してしまう。
もし、デジタルに専念したら、暇だし、写真撮るのが趣味なので、週に少なくとも500カット、年間なら2万~3万のデジタル写真を撮っているでしょう。
フィルムと違い、いくら撮ってもコストはかかりません。(懐に優しいなぁ~~)
つい、たくさん撮ってしまい、あとで似たような写真のなかからベスト・ショットを選ぼうとしてPCの前に釘付け、
それに疲れて/飽きてしまったのでしょう。
デジタルは、写真を「撮る」ことから、撮ったものから「選ぶ」写真に 重心を移したのかもしれません。
スポンサーサイト



  1. 2015/12/13(日) 12:54:41|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イロハ紅葉 | ホーム | 泉岳寺にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/625-ab970256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR