FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

泉岳寺にて

Canonet 古いカメラです。
1960年代半ば、おそらく 東京オリンピックの頃 母が購入したものだと思います。
爆発的に売れたカメラで、ほんの数年で100万とも、200万ともいう台数が売れたそうです。
Canonet.jpg
当時使ってもいいと言われていたのがMamiya-6、このカメラには触れませんでした。
あれから50年以上経ち、もうこのカメラを使う人はいません。
使えるものかテストしてみました。
長巻のRetro400Sを短く切り、カメラに装着。
そのカメラを持って、自宅から泉岳寺まで 散歩してみました。

家を出たのが2時を過ぎた頃、戸越の里から、大崎を経て、御殿山に登る。
さらに歩をすすめ高輪へ。
高輪の台地離れ、江戸の海に向かって降りていくと、泉岳寺に至る。
途中で スナップしながらの散歩で、着いたのは3時過ぎになっていました。
泉岳寺802-24
高級機にしかついていないキャノンの明るい45mm F:1.9というレンズ。
そして、最先端のセレン式露出計がついています。
シャッター速度優先で自動露光してくれるので、露光の失敗はない。
それに、高級機に比べ安い。おそらく三分の一でしょう。
しかもそれで高級並の写真をとることができる。
手軽に撮れるというのでバカ受けしたんだと思います。
(その頃の高級機には、露出計は内蔵されていません。)
セレン式なので 電池は必要ありません。セレン素子が劣化しなければ、そのまま今でも使えます。
どうやら劣化していないようで、そのままつかえそう。
感度設定値の最高がASA400になっているので、キャノネットの後期の製品のようです。
泉岳寺802-30
使い方に ちょっとしたコツがあるが、50年以上前のカメラとも思えないほど、スムーズに使えました。
機械的(メカで)に最適絞りを固定するため、シャッターのストロークが長いのが、唯一の使いにくさ。
それ以外、欠点を感じなかった。(少し、ごつく重い)
安いなど侮れません。ファインダーは、パララックス自動補正をしていました。
等倍ファインダーではないけど、すごいもの。
ツアイスは、コンタックスⅡaになっても、ブライトフレームにならず、パララックスの補正もない。
泉岳寺802-29 Ⅲ
こんな感じまで描写できる・・・売れたわけです。
4時過ぎ 山門を出て、都営地下鉄浅草線泉岳寺駅から戸越の里へ戻る三駅散歩でした。
スポンサーサイト



  1. 2015/12/12(土) 21:08:17|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<泉岳寺まで散歩 | ホーム | 夜の紅葉狩り (3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/624-a5ba6704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR