FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夕暮れをモノトーンで   撮る写真、作る写真

写真といっても 「真」を「写」しているわけではない。
PhotoGraph 光の画 「光画」と訳したほうが適正だろう。
光の原理・法則に従って、画像は生成し、記録される。
人間の恣意性が そこに付け入るスキはない。

3次元の世界を、2次元の平面に変換し、記録する。もうそこで、抽象的である。(現実そのものではあり得ない)
その2次元情報から、見る人は、己の想像力・知性・感性で、見たであろう現実世界のイメージを再度構築する。
だから、その2次元情報に、恣意的なやらせや、演出を入れてくれるな・・・というのがリアリズム/報道の写真ということになる。
一方、2次元情報に過ぎない写真は、単に映像の素材という考えも成り立つ。
写真を、素材として取扱い、恣意的に加工、演出し、己の感性を表現して何が悪い? 
積極的に行うべきと考えるのが、芸術/宣伝/プロパガンダとしての写真ということになるのだろう。

昭和50年頃の写真雑誌を読むと、小声で「撮る写真」、「作る写真」などと 語られていた。
どうやら、木村伊兵衛などは、「撮る写真」。
森山大道は あの程度でも「作る写真」とみなされていたようだ。
暗室で格闘し、大胆な覆い焼きや焼きこみをしている。
ネガ上に残った銀塩粒子を 余すことなく/恣意的に利用する姿勢が「作る」と称されたのだろう。
大型ストロボを使った日中シンクロの作品もある。
覆い焼き、焼きこみ、そして日中シンクロのストロボ撮影は、作る写真と分類されるべきものか?
余りに大胆に、徹底的に使ったので、そう思われたのかもしれない。
今日では、「作る写真」の範疇には入らないだろう。
ストロボを使うにも、法則がある。その法則にしたがい、それを利用している。

小生も、時にストロボを利用する。
50年近く前、購入したストロボである。1台は、この前の撮影でついに機能しなくなった。
まだ、1台残っている。
古いカコ・ストロボで、ISO:400(当時はASA400と表記)でガイドナンバー60の、当時としては、素人が選択する最大の光量を持っていた。
光量は調整できないので、小さくしたいときは、紙や布を当てて調整。ガイドナンバーに従い絞り値を計算し、周りの状況を勘案し、補正する。経験を積まないと、いい写真は撮れない。撮影、成功か失敗かは、現像してみてからでないとわからない。
ストロボ撮影には、失敗はつきものだった。

秋の夕暮れを、ストロボ撮影してみた。
空の明るさと、ストロボの光量、どのタイミングでマッチするのか・・・・
失敗はつきもの、失敗データが集まれば、対策は立てられる。
Retro400Sフィルムを使い、絞りf:4 シャッター速度1/60秒に固定し、全てを撮影。
戸越の里の夕景801-15 Ⅱ
手前の樹までは10mくらい、f:6でストロボの光は届くはず。しかし、届いているのは中心付近、21mmの広角レンズなので、周辺部の光量は落ちている。
シャッター速度を1/30秒に下げれば、背景のディテールはもっとくっきりと出たかもしれない。
戸越の里の夕景801-14
樹に近づいて、撮影。
幹がストロボの光に浮き出てくる。
戸越の里の夕景801-31
10分後、空の光量が落ちてきた。
更に近づき、撮影。
近くの葉は、露光オーバーで白飽和している。しかし、遠くの木の葉までは光は届かない。
ネガの階調もこのコマが一番広かった。
見慣れた戸越公園の樹とは異質の 別の姿が写っていた。
これは、作った写真だろうか?


スポンサーサイト



  1. 2015/12/02(水) 11:12:23|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デジタルの限界に・・・・ | ホーム | ・・・・・・戸越(とごえ)の里の 秋の夕暮れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/616-76c9293e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR