FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Nega film No.792  最初の1ショット

ネガフィルムNo.792で撮った最初のカット。
-------------------------------------------
時々 ネットサーフィンし、モノクロで写真を撮っている人のブログを覗く。
フィルムで撮っている人は少数になり、デジタルで撮る人が増えている。
デジタルであれ、フィルムであれ、上手な人は上手。フィルムだからとか、デジタルだから と言うべきではないだろう。
重要なのは、目の前の光景の、何に心をうごかされ(受け身の感性)、光を読み(努力と感性)、フレーミングし、撮影するかだろう。
上手いなぁ、と感服する人がいる。
こういう風に撮ってみたいものと思う。
上手な人に共通するのは、無駄なものは画面に入れないという鉄則があるようだ。
ここに センスが光るのだろう。写真は引き算・・・とはいうが。
-----------------------------------
引き算が なかなかできない。
いいな と思ったものはなんでも画面に写しこみたくなる。万年駆け出しの素人状態。
最初の狙いだと、こういう写真になる。
Nega 792-6
午後2時過ぎ大崎駅の舗道橋から東の空に向かって撮影した。
屋上のアンテナが、何故か傾いた十字架に思えた。
面白い・・・シルエットで抜いてみようと フレーミングする。
露光は空に合わせ f:12.5/500秒(古い大陸絞りです)とした。これでビルは黒く潰れるだろう。
その時、ファインダーでは 高架線を走る新幹線の姿を、はっきりと捉えていた。

ネガを調べると、暗く潰れた部分にも銀塩の画像が残っている。
トーンカーブを調整し、暗い部分を浮き出させようとする。(これが性分)
以前だったら、暗室で、覆い焼きをしている。
Nega 792-6 ⅡToneCurve
暗く潰れた部分から、新幹線の列車が浮き出てくる。
同時に、カーブした鉄路も目黒川の川面の光も、ビルの規則正しい窓枠の列も薄らと出てきた。
こうしないと気が済まない自分がいる。
長い間の習慣、習い性だろう。
しかし、肝心の空の調子は悪くなり、画面全体がぼやけ、すっきりとしていない。
写真がうまくならない原因でもある。
引き算ができないという決定的な欠点を…自覚しています。
スポンサーサイト



  1. 2015/11/24(火) 09:49:56|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mamiya-6 で風景を・・・ | ホーム | 失敗も大事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/610-60dd911f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR