FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Retro400SとTri-Xフィルム 

Retor400Sフィルムのテスト撮影をしている。
撮影場所は 林試の森、散歩コースの一つ。
フィルム比較790-12
窪地にラクウショウの林がある。時刻は3時過ぎ、太陽の光が弱く林の中に差し込んでいたが、それでも暗い。
ピントは手前のラクウショウの幹に合わせている。
もう少し絞りたかったが、シャッター速度に余裕がない。手持ちの限界で撮影。
同じような構図の写真を 一週間ほど前 Tri-Xフィルムで撮影したことを思い出し、比較してみた。
フィルム比較788-22
一週間ほど前は、窪地を登り明るくなった林の中で撮影している。時刻も2時を過ぎた頃だろう。
ピントは手前の樹に合わせた。35mmの広角レンズでf:11まで絞っているので、ほぼパンフォーカスになっている。
二つの写真を見比べると、Tri-Xで撮影したほうが、目に優しい。このほうが好み。
画面全体から受ける印象も、しっとりとして・・・Tri-Xのほうが階調性も良いのでは?などと思ってしまう。
なぜ?だろう。画面の一部を拡大し比較してみる。
原寸大 約1400万画素の画像。
film比較Retro400STri-X
Tri-Xに使ったレンズは、コシナの製造したSC-Skopar 35mmのレンズ。
当然マルチコーティング処理がなされていて、ゴーストやハレーションはよく抑えられている。解像度も高い、優秀なレンズ。
一方 Retro400Sで使用したレンズは 戦前のオールドレンズ。
ライカのSummar 50mm F:2レンズで、ノンコートレンズ。逆光にはゴースト、ハレーションが起きやすい。よく光を見極め、ゴーストが入らないよう注意してフレーミングする。
拡大し比較したが、解像度で劣るという感じはしない。
違いはフィルムだろう。
Retro400Sのフィルムのほうが、コントラストが高い。トーンがしっかりと立っている。
階調性はいいはずなのに・・・・そう思い、ネガフィルムを探し、2つのコマを スキャナーで呼び込んでみた。
フィルム比較 取り込み
Tri-Xのフィルムのベースは、伝統的な酢酸セルローズで、被り防止のためか薄い色がついている。一方、Retro400Sフィルムはポリエス、現像するとフィルムに塗られた色は落ち、無色透明となる。
銀塩の濃度範囲もTri-Xに比べ広く、光に対するダイナミックレンジは大きい。
微妙な光の変化も、より詳しく記録できているはずだ・・・・データー上はそうなるが、
作品としてみると、同じかややTri-Xに軍配はあがる。

結局 美しいものが見たいのだと思う。
現実を直視した説教より、夢を語るほうに心はなびく。
光を、より正確に、より広く記録するより、トーンを整理し眼に優しくするほうが 好ましい。
写真は引き算、無駄なものを画面に入れてはいけない、トーンもそうなのだろう。
デジタルなら、トーンの調整は カメラ内のプログラムで行うことができる。
人間の好みに合わせたプログラムを開発する、そこがメーカーの腕の見せどころ。
そこにブランドイメージが乗っかれば・・・・商品の差別化は完成する。

このごろ ライカ・モノクロームのカメラが 気になっている。
あのような 調子のモノトーン写真 撮ってみたいと 思っている。
結局は、
どうであれ、
美しく騙されたい・・・ということか・・・・
それもありかなぁ~~
スポンサーサイト



  1. 2015/10/31(土) 12:16:37|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Retro400Sフィルムを使ってみる。 古いLマウントのSummitar レンズで   | ホーム | Retro400Sフィルム 地元 戸越銀座商店街を テスト撮影してみました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/596-6bc9ea03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR