FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Retro400Sフィルム 地元 戸越銀座商店街を テスト撮影してみました。

階調性をなるべく広く・豊かに・・・と 現像液を検討しているが・・・時流から外れていくような気もしている。
美しいものが見たいのだょ・・・と言われると、検討の方向性が間違っているのでは?と疑心暗鬼になる。
「階調性の高いネガを作る」、言葉上は響きがいいが、作品を作る上ではどうだろうか?
実際 階調性が増す方向で現像したネガは、暗部にも銀塩の画像が淡く残る。
それを注意深くトーンカーブを調整し、浮き出させると、薄汚れた写真になってしまう。平坦な眠い画像になりやすい。
戸越銀座790-28 Ⅱ
陽の当たった壁と、陰になった壁。わざと明暗差のあるところを撮影していた。(テストです)
壁の光は単なる順光の光ではない、照返しの光、かなり明るい。陰の部分とは4絞りほどの明暗差があるだろう。
現像してできたネガを見ると、明るいところでも銀塩濃度は飽和していない。
陰の部分には 薄く銀塩の画像は残っている。
現像の処方を検討しているが、その点では成功している。
トーンカーブを調整し、陰の部分を潰さないように調整した。しかし、これ、綺麗な写真と評価できるだろうか?
むしろ、暗くつぶしたほうが、すっきりとした写真にならないだろうか?
戸越銀座790-32
今までの習わしか、部屋の中を潰せない。暗部にも、何か写っていないとおかしいと思っていた。その自信が揺らいでいる。
後姿の女性のスカート・・・黒くつぶしても違和感がない・・・というより、そのほうが見栄えする写真になるだろう。
細部までガチャガチャ出てくるのは目障り、写真は引き算、すっきり 簡単にしたほうが眼に優しいのだろう。
------------------------------------------------------
この頃、ネットで、ライカ・モノクロームの美しいモノトーン写真をみるようになった。
階調が豊かどうかは不明だが、暗部はすっきりと潰れていて気持ちいい。
あんな写真撮れないものか?と考えている。
戸越銀座790-29
フィルムだと せいぜい こんな具合。
デジタル・カメラなら・・トーンを省略し、綺麗なモノトーン写真にまとめてくれるだろう。
戸越銀座790-35
このごろはデジタルを意識して、フィルムでもデジタル風に撮れないものか・・・と夢想している。
スポンサーサイト



  1. 2015/10/30(金) 18:16:14|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Retro400SとTri-Xフィルム  | ホーム | 雲を撮る  Retro400S フィルム Summar 50mm F:2.0>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/595-167c689e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR