FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

もう一度 フィルムに戻ってみよう

写真は 現実のコピーに過ぎない。
カメラオブスキュアの時代から、レンズを通し、キャンバスに外界の世界を投射し、それをなぞり、絵画を描いていた。
映し出された構図は現実のコピーだが、その逆は成り立たない。
写真は、現実のごく一部を切り取り、抽象化して記録しているに過ぎない・・と思えど、
それでも、カメラを抱え、散歩に出る。
何故だろうと、歩きながら、シャッターを押しながら考える。

絵画なら一点もの。同じものはできない。
写真は、何点でも同じものをコピーして作ることができる・・・・
しかし、そうだろうかという思いもある。
写真の原点は、ハンドクラフト、むしろ職人芸に近い。
年季の入った人の手になれば、同じような工芸品を、いくつも作ることができる。
一定水準以上のものを作れるようになると、プロ/職人と呼ばれる。プロ/職人が必要な分野では、プロ/職人の数も多くなる。
職人は 時とすると/いや ほとんどいつの時代も、軽んじられた。「もし、駄目なら、ほかの人に頼むから・・・君の替わりならいくらでもいる。」
しかし、匠の技術が、誰も真似できない高みに達すると、職人の世界とは別の世界が開けてくるのではないだろうか?

風景写真を撮ろうとしなくなったのは、アンセルアダムスの写真を観てからである。
40年ぐらい前だったか・・・写真集では何作か見ていたが、実際のプリントを観て、衝撃を覚えたから。
人の心を引き付けるすごみ・美しさがある。
こんなのとても撮れない。 NikonFで表現できる写真ではなかった。
今でもそう思う。
8×10インチのビューカメラを扱い、現像、印画紙への焼き付け・・・アンセルアダムスはそれを一人で行う。
習熟には気の遠くなるような努力が必要、努力しても無理かも・・・。
Wynn Bullokのオリジナルプリントも 非常に綺麗。
心が惹きつけられるのは、絵画と変わらない。
森山大道のオリジナルプリント、「キャベツ」の写真もきれいだ。
コピーに過ぎないが、コピーと軽視したり蔑んだりすることはない。
技術の高みを一歩超え、その人しかできない表現法を確立できれば、それなりに意味ができるのだろう。
フィルムの写真は、ハンドクラフト、まだ工芸の世界にある。
もう一度、フィルムの現像、最初からやり直してみようかという気になっていた。
光785-13
デジタルカメラでは、ハンドクラフトの世界は極端に少なくなっている。ほとんどシャッターボタンを押すだけ。カメラの中の電子頭脳が、肩代わりして撮ってくれる。画像も、レタッチソフト任せ。レタッチソフトを使いこなすプロは出ても、さらに一歩を超える匠は出てくるだろうか?レタッチソフトを設計する技術者の掌(たなごころ)の上で、遊ばされているような、居心地の悪さを感じないか?
光785-1
TRI-Xのフィルムは、高くなりすぎた。
Rolllei Retro80S あるいは400Sが、当面 使える値段のフィルムなので、それらを使い、現像液を換えて検討してみようか(使いこなすための技術開発)と思っている。
写真の原点は、他人任せしないハンドクラフト(手仕事/工芸品)によってなされてきた。
------------------------------------------------------------
工業化された世界では、とびぬけた製品は欠陥製品とし排除される。
もし、それがユーザーの手に渡り、再度、同じ品質を求められたら、対応できなくなる。
品質とコスト、工場生産では一番厄介な問題になる。
一定の品質のものが多量に生産できて 初めて工業製品だ。
デジタル写真は、工業製品の世界に入ってしまったのかもしれない。
誰が使っても、一定の効果/レベルが 保障されるのが 工業製品だから。

スポンサーサイト



  1. 2015/09/27(日) 16:06:11|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テーマ「水」あるいは「夏」 | ホーム | 彼岸の入り 都営地下鉄 Day Passで行く 戸越→白山→両国→勝鬨橋→汐留→戸越>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/578-a41d820c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR