FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

新橋 駅前

写真クラブの例会は、新橋駅近くにある港区の施設を借りて行っている。
会は午後1時から始まるが、12時ごろまでに新橋駅に行き、早い昼食をとる。(朝ごはんが、遅いので・・・)
この日は、あまりお腹がすいていなかったので、会場とは逆の汐留口に出ていた。(食事できる店は少ない)
新橋DSC03538
この看板を見ると、ついカメラのレンズが向いてしまう。 「はい、大好きです・・・」
駅前のコーヒーショップに入り、コーヒーとサンドイッチの簡単な昼食をとる。
外を見ていたら、新幹線が通り過ぎていく。
思わず反応。
新橋DSC03531
0.1秒くらい待ってシャッターを押せたらよかったかも。(そんなこと、できるはずもないけど)
新橋DSC03543
会合の時間が近づいたので、外にでた。
見上げると トンボが飛んでいる。
思わず ノーファインダーでシャッターを押していた。
目で見たトンボは、もっと大きかった。
さすが、超広角レンズ(フルサイズ換算で24mmは、小生にとって、超のつく広角です。)
パンフォーカスに近いし、小さいとはいえ、ちゃんと画面にトンボが収まっている。
しかし、何より驚いたのが、垂直線が出ていたこと。
なまじ ファインダー(液晶画面)を見ながらフレーミングすると、垂直線がでなかったり、水平線が傾いたりする弱点を持っています。それが、なかった。こういう偶然もあるのですね。
この頃は デジカメを持って出ることが多くなりました。
トンボの撮影、古いフィルムカメラでは、できなかったと思います。
-------------------------------------
さて、この都会育ちのトンボ、どこから飛んできたのでしょう?

スポンサーサイト



  1. 2015/09/13(日) 09:07:02|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕方の大崎駅   年老いたゾナーレンズ 頑張っています。 | ホーム | 三鷹の阿波踊り   (写真展 展示作品を決めたはずですが・・・)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/574-e9d494c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR