FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

とりとめもなく   ・・・・砂漠の薔薇

フィルムで写真を撮る。
一本撮り終わったら、カメラから出し、現像する。
フィルムが乾いたら、切ってネガシートに収める。
それまでは、立っての作業。
フィルムスキャナーでPCに画像を取り込む。
それからは座っての作業になる。時間がかかる。
今のPCはマルチタスク、PSEを動かしているときも、インターネットに入っていける。
そこで、YouTubeに入り、音楽を聴きながら、画像の編集をしている。
この頃は、別府葉子さんの歌を聞きながら、作業することが多い。
「百万本のバラ」が 最初だった。
沢山の歌手が歌っている。聞き比べていた。
個性的な声だと、思わず聞きほれて、マウスを持つ手は止まる。
なかには、幾度も繰り返し聞いていると、厭きてくる、もういいという気になる歌手もいた。

耳に優しく、嫌味のない声が、良い。作業が止まることはない。
いつも YuoTubeで歌を聴いているのは、申し訳ないと、先日 東京でコンサートが開かれるということを知り、、ローソンでチケットを購入し、聞いてきた。
YouTubeで歌手を知り、ローソンでチケット販売、コンサートへ行く。時代は、確実に進化を続けていく。
一時代前は、メジャーな音楽事務所へ入り、デビューする。 そこにラジオやテレビがのっかっていた。
インターネットを使うと、メジャーな音楽産業経由でなくとも、個人でも成り立つ道が開けてきたということだろう。

9月4日の夕方、市ヶ谷の駅にいた。
コンサートの様子を、写真に撮ろうとは思わなかった。ただ、外出するときは、必ずカメラを持ち歩くようにしている。単なる習慣です。
市ヶ谷DSC03699
思ったより、時間がかかった。
市ヶ谷DSC03679
まだ 空には陽の微かに明るさが残っていた。
会場に着いたのは、開演の10分前。
-----------------------
以下の2枚は、コンサートが終わり、市ヶ谷の駅で 撮影したもの。9時を少し過ぎた頃だろう。
市ヶ谷DSC03687
市ヶ谷DSC03701
 ちょっとびっくりしたこと、面白いと思ったこと、色々あったが、まだ 気持ちの整理がつかずにいる。
あるとき、ポッと思い浮かべ、そうだったと気づくのだろうだろう。それだけ、頭の回転がのろくなっている。
-----------------------------------------------------------
新曲で「砂漠のバラ」という歌を唱っていた。作曲・作詞は別府葉子さんのオリジナル。
歌うまえに簡単な説明がある。
「あぁ、あの石のことか・・・」
棚に置かれている石を思い出した。
土産ものとして貰ったもの。
両親は、1980年代よく外国旅行した。古い遺跡を見るのが好きで、エジプトや中国、インド、チベットを巡っている。
その時の土産だったのだろうか? だとすると、エジプト? 或はシルクロードの旅で敦煌へ行っている。その時 求めたものだろうか?
2000年頃、兄夫婦が、やはりエジプトや、チェジニアなど北アフリカへ2,3回出かけている。
当時 まだ 母が健在で、しきりにその良さを話していたからだろう。「足の動くのは60歳代」とけしかけていた。
その時、土産にもらったものかも・・・
「砂漠のバラ」 棚に置いてはあるが・・・あまり気にしていなかった。
まして、それに「砂漠のバラ」という名がついていることも知らなかった。
-------------------------------------
2006年5月の連休に内蒙古を旅行していた。英語の通訳 一人を連れて。
砂漠の薔薇IMG_8235 Ⅲ
見た瞬間、家の棚にある石を思い出していた。

賀蘭山の西、オルドス砂漠(内蒙古自治区)にある町に泊まっていた。
ラマ教の寺院を見に行ったとき、寺の前の広場は、様々な石を売るマーケットになっていた。

こんな ところで採れるのか・・・・
------------------------------------
別府さんの説明で、さっと、この石を思い浮かべていた。
あの石に違いない。
砂漠の薔薇DSC03748
コンサートのプログラムをバックに、我が家の「砂漠のバラ」を撮影してみた。
「砂漠のバラ」の歌のオマージュとして。
スポンサーサイト



  1. 2015/09/09(水) 19:20:22|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シルクロードへ   (写真展候補作) | ホーム | 夕方の向日葵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/571-59f366b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR