FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

紫陽花に挑戦(2) テクニックに逃げると、リアリティーを失う・・・・

梅雨の合間の晴れを狙って撮影。
カメラはNikon F、レンズはMicro-Nikkor 55mm F:2.8
フィルムはイルフォルドのPANF Plus50、 YGフィルターをつけて撮影しています。
紫陽花550-39a
日陰部分の紫陽花。花のコントラストを出すため、敢えて少し露光を控え目にして撮影。画像は、白飽和しないようローキーに調整してみました。花びらのディテールが出ていると思います。
紫陽花550-2
陽の当たった紫陽花には、少したっぷり目の露光で撮影。
デジタルでないので、白飽和は、かなり抑えることができます。幾分ハイキーに調整、気持ちが明るくなります。
紫陽花550-35
やはり、日差しがあったほうが、紫陽花も引き立ちます。花の全体の写さず、上半分をクローズアップで、
紫陽花550-33
逆光で撮ったこのカットが好きですが、やはり 手垢のついた構図か・・・どこかで見たような紫陽花になっていますね。
狙いは、3つの紫陽花の上部の光の輝きに注目。真ん中の紫陽花を主体にしたのですが、今一かな。
PCのモニター画面では・・・鑑賞に堪えませんかね?
紙にプリントすると、花のディテールが浮き立ち、奥行きがあり、梅雨の晴れ間の紫陽花かと、感じましたが。
紫陽花546-5a
これは 別の日 Zoom-Nikkor 35mm-70mm を使用し、二重写しで撮影したものです。レタッチソフトを使い2枚の画像を合成したわけではありません。
Nikon SpとNikon Fには、巻き戻しても、きっちりフィルムを合わせてくれる機能があり、多重露光は可能です。こうゆう機能をつけているニコンのカメラ、設計の緻密さを感じます。
70mmで紫陽花を撮影後、紫陽花の配置を記憶し、35mmで大崎のタワーマンションをその上に露光しました。少し、テクニックに溺れています。作為が多過ぎると、本質を失う危険性ありですね。
紫陽花547-8
Nikon SPに イルフォードのSFX-200フィルムをつめ R72(720nmカット)フィルターで 紫陽花を、赤外線写真で撮影してみました。これも 策に溺れているかな・・・
紫陽花の葉が、真っ白に写ったカットもありましたが、現実感を失ってしまうような気がして、このカットを選びました。花の撮影は、やはり難しいものですね。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/26(水) 15:53:32|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暖かになった4月 たくさんの花が一斉に開花 | ホーム | 紫陽花に挑戦(1) モノトーンで撮るための試み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/57-164e482f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR