FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Fakeひまわり  デジタルカラー 使い方 未だ 迷っています。

色は印象色と言いますが、それが、どうも自分には不確定。
造花の向日葵DSC03478
タイムスタンプを調べたら4時26分41秒に撮影していた。太陽は雲に遮られ、薄暗かったが、空には明るさが残っていた。
このままシャッターを切ったら、カメラは空の明るさを入れ、向日葵はうす暗くなる。
向日葵に合わせ、+2 露光を補正したら、空は白く無表情になるだろう。
内蔵のストロボを立てる。シャッターを押すと、カメラは自動的に絞り、シャッター、距離を合わせてくれていた。
撮影データーは全て、記録してくれる。 あとで、それを見て(読んで)なるほどと思う。 昔、日中シンクロ、それなりの写真技術を持たないと、できるテクニックではなかった。
今は、カメラに「全てお任せ」で撮影できる。
空は、見たときの印象に近い。ストロボを焚いたので向日葵の花は明るくなったが、もう少し派手だったような気がする。何より違うのは、背景がもっと鮮明で明るい印象を持っている。
画像をプリントするときは、エプソンのプリンターを購入したとき同梱してあった簡易版のPSE(プリントショップエレメント)を使っている。
これで画像の調整したら、好みのキャッチーな写真になるだろうか?
試してみた。
ひまわりDSC03478 Ⅲ
黄色い大輪の向日葵には、青空が似合う。 トーンカーブを調整し空の調子を落とすと…青空が見えてきた。
自分の眼で見るのではなく、常識で見ているのかもしれない。
そんな感覚が刷り込まれているのだろう。・・・こうすれば綺麗と。
向日葵は、もっと明るくしたほうがいい。 黄色(Y)彩度を上げ、明るさも上げた。
見栄えはよくなったが・・・キャッチーとは言えない。
「おや」と思える意外感はないし、いままで滅多に見ることのできない光景でもない。
彩度を変え、部分的な覆い焼きを行ってみた。
ひまわりDSC03478 Ⅳ
Rの彩度を上げ、明るさを調整、全体にコントラストをあげた後、マジック~~とかいう領域を指定するペンで囲い、覆い焼きをする。
ものの10分もかからず、このような写真となる。データーは全て画像にあったもの、それを利用するだけ。
他の画像からの切り貼りをしたわけではない。合成写真というわけではないだろうが・・・やはり、何故か嘘っぽい。
ソニーαのアプリに、ライト・シャフトという処理ソフトがある。残念ながら(幸運にも・・・)NEX-3ではサポートされていない。
それを使えば、後ろの塔から 光のビームを発射させることも、造花の向日葵の中心にある電球から、光芒を四方に散らすこともできるだろう。
なかったビームを画像に付け加える、あるいは、微かな光芒でもあれば、それを強調し、画像に神秘感を付け加える・・・そんなことも可能になっている。
個人的には、そんなことしていいのだろうか?と思うが、アプリが販売されている以上、需要はある。消費者には支持されているのだろう。そして、やがて、その機能は カメラに組み込まれていく。
「~~のカメラ、写りが良い」という評判がたつ。
高価なデジタルカメラは、コンピューターのかたまり、キャノン、ニコン、ライカ、フジ、ミノルタ、オリンパス・・・・
綺麗な写真の量産化の時代に入ったような気がする。
「あなたは、シャッターを押すだけ。」
スポンサーサイト



  1. 2015/09/03(木) 13:01:43|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<群生 向日葵 散歩 | ホーム | モノトーンフィルムで撮ると>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/568-21729f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR