FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Fakeひまわり畑?

水道橋の駅近くへ行く用事があった。
用事が終わり、
ぶらぶらと 散歩すると、向日葵の畑?に出る。
作りものの向日葵の列が来園者を出迎えている。人々は群れをなし、目的とする会場、遊園地、土産物店、レストランへ 足早に通り過ぎていく。
誰も気に留めない。
しかし、面白がって撮っている自分がいた。(これなら、カラーでとっても、大丈夫だと思う自分がいた。)
造花の向日葵DSC03488 Ⅱ
カラーは苦手。カラーは「印象の色」というが、そこがなんともおぼつかない。
今のデジタル写真では、色温度の設定を変えたり、各色の彩度や明度を、コントロールできるようになっている。「印象色」だからと、いじりまわすと、そのうち、見るに堪えないカラー写真になっていることがある。

しかし、上手な人が処理すると、今まで見たこともないような感動的な風景がPC画面にできてくる。
光芒も 綺麗に入れることができる。薄明りの地上へ、雲の隙間から落ちる光芒、ビーム、フレアー・・・
神秘的、一生かかっても観るチャンスなど・・・小生にはないだろうと思う。
すごいものだ、このカメラマンは! ラッキーだ。
と感嘆していたら、そんな写真が、何枚も続く。偶然はそんなに続かない。
騙されていたのだろうか?
目の前の現実を そのまま 演出なく捉えてた写真だろうか? そうは思えなくなっていた。なんとなく作り物。

デジタル写真は、コンピュータだ。
コンピューター上で動くデジタルカメラとレタッチソフトは、心象風景を描く道具として機能しだしたのかもしれない。
しかし、それが、いい方向に機能するだろうか?
キャッチーで感動的写真の量産が 始まっている。
ビックデーターと結びついたら・・・人間の感覚、感じ方も、誘導されるようになるかも。
感動する心が疲弊してしまうことを危惧している。
高価なデジタルカメラなど、捨ててしまえ。

色温度 一つにも手こずり、自分の印象色が 何であるかわからない小生には、造花の向日葵で充分。
Fakeの向日葵を、Fakeの色彩で描く。この程度が、小生の限界です。
デジタルにたいする、ささやかな抵抗をしています。
スポンサーサイト



  1. 2015/08/29(土) 20:04:02|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の暑い日 | ホーム | 三鷹の阿波踊り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/564-ddac9c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR