FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夕日

散歩の帰り、大崎の駅で、夕日を発見する。
撮らない手はない、撮ろう、撮るべきだ。
手にしていたカメラは Sony NEX-3 レンズはE16mm F:2.8。
Wide過ぎる、標準レンズくらいの画角が欲しいところ。しかし、散歩に交換レンズの選択肢はない。
夕焼け-1DSC03156
このレンズで、この光景を、どう切り取れるか、それを試すだけだが・・・同時に(対象物に)試される小生もいる。
絞は一絞り少な目にして、夕焼けの赤を出そうとした。暗い部分は、RAW現像するとき、トーンカーブで持ち上げている。
姑息なやり方かもしれない・・・
夕焼け-2DSC03168美しい夕焼けが広がっている。
ほんの10分間くらいしかこの美しさは続かないだろう。移ろいゆく美しさ、ちょっと立ち止まってもいいのに・・・と思うが、
おそらく、それ以上の楽しみがあるので、人は足早に通り過ぎていくのだろう。
小生にはそれがない。暇だし・・・・
夕焼け-3DSC03182
夕日の輝きは、瞬く間に変化、消えていく。 動き回り、フレーミングできる場所を探す。
夕焼け-4DSC03164
写真は 眼前の光景をコピーする装置にすぎないが、眼前の光景をどう切り取るかは、人により千差万別。
現実のコピーだからと言って、卑下することはない。その人のカメラアイが映り込んでいる。
しかし、これは、ありきたりだろう。 
色彩が嘘っぽい。本当色より、印象の色彩が重要と言われても・・・どうしても違和感が残る。デジタルカラーのカメラアイは欠如しているのだろう。
夕焼け-5DSC03178
モードはPで使っている。普通はそれで十分。しかし、時には困ったことも起こる。
夕焼けの赤を、深だそうと、できれば-3絞りしたかったが、カメラを設計しプログラムを組んだ技術者により拒否されてしまった。
限界の-2絞り補正している。
これがいいかなぁ。
大理石に照り返る夕日が面白い。
-------------------------------------------
半月後、夏の茹だるような暑さの日の午後、同じ場所に立っていた。大理石の照返しが面白いことを思い出し、モノトーンフィルムで撮影していた。
大崎775-23 Ⅱ
入道雲が発達し始めていた。方向は、目黒駅か恵比寿駅の上空だろう。
帰宅し、夕方、ニュースを見ていたら、渋谷は雨だったという。
スポンサーサイト



  1. 2015/08/13(木) 21:44:15|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遥かなる寧夏・・・・  写真から紡ぎだされる連想  8.15によせて とりとめもなく | ホーム | 秋来ぬと、目にはさやかに・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/557-6f5ba7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR