FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

林試の森  KievⅡを持って散歩(2)

7月17日 Jupiter-3 50mm F:1.5のレンズを付けて、夕方 林試の森を散歩した。
林試の森771-20
「ラクウショウ」の林。
逆光気味に光が入っていた。
敢えて R72のフィルターを付けて撮影。700nm以上の赤外線は眼に見えない。経験と理性で判断するだけ。
赤外線で捉えた画像を、直感で感じとる人などいるだろうか? 気持ちで撮る?・・・そんなことありません。
あくまでも計算ずく、R72フィルターを付け、その効果を期待して撮影しています。
波長が長い分、分解能は低下するのか、ピントの合う範囲が狭くなっている・・・という印象を受けました。
太い「ラクウショウ」の幹にピントを合わせ、距離補正もしています。シャッター速度が1/10秒と遅いので、柵に肘を当て、そっとシャッターを切りました。逆光でR72フィルターは、使わないのが普通でしょう。効果はあまり期待できません。むしろ影の部分が真っ黒く潰れることもあります。
この場合、フィルター無しで撮影したら、林の下草は暗く沈んだでしょう。これは、これで良い(狙い通り)と思う。
林試の森771-21
順光だが、夕方の光は弱い。林の中に入り、竹の群生を狙う。R72フィルターを付けているので、絞れない。だが、竹の葉は白く輝くかも・・・そんな期待を込めて シャッターを切った。
三脚に固定し、絞をf:16あるいはf:22まで絞って撮影するのが・・・常道だろう。でも、散歩に三脚の選択肢はありません。手持ち撮影が原則です。(重いと、散歩ではなくなるから。)
林試の森771-23
この光線状態を見たとき、速やかに、R72フィルターを外していました。
光の画が写真(Photograph)だと思っています。
光を読みながら、散歩する。
良い光線状態を発見したら、どう撮るか考え、露光を自分の裁量で決め、フレーミングし、シャッターを切る。
直感に頼らない分、ボケ防止には最適でしょう。意外と楽しいものですよ(失敗しても)。
スポンサーサイト



  1. 2015/08/07(金) 13:25:11|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東馬込あたりを 彷徨する。  KievⅡを持って散歩(3) | ホーム | 夏の向日葵 KievⅡを持って散歩(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/553-d29b17a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR