FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

写真の記録性です。 スカイツリーが高くなっていくのがわかります。

東京のような都市の景観は、常に少しずつ変化しているようです。
スカイツリーの建設に気づき、浅草に遊びに出たとき、カメラに収めるようにしていました。
SkyTree235-19.jpg
最初の写真が、2010年3月15日ですから、少し遅すぎました。建設のニュースは聞いていましたが、タワーの一部でも 眼に飛び込んでこないと、意識しないものですね。
SkyTree270-18.jpg
4ヶ月後には、展望台のところまで進んでいました。
SkyTree301-4.jpg

SkyTree329-5.jpg
外観はほぼ完成。
SkyTree381-13.jpg
レンズはすべて50mmの標準(デジタル時代、標準レンズという名称はなくなったか?)を使用。使ったレンズは、Nikkor(日本光学)、Summicron(ライカ)、Sonnar、Tessar(ツアイス)、Jupiter-3(キエフ)と非常にバラエティに富んでいました。みな一世を風靡した名レンズ。
レンズの差、わかりますか? レンズの味の差・・・PCの画面ではわからないでしょう。
デジタル時代になって、モニターで写真を鑑賞するようになったようです。それなら100万画素もあれば充分でしょう。(小生のPCのモニター画面は1280×1024で、ほぼ100万画素です。またブログの写真は800×600程度ですから48万画素です)
デジタルになり、何か根本的なところで変化しているような予感がします。モニターで鑑賞するなら、現在のカメラはオーバースペック状態。これから、モニターが良くなり、2000万画素(あるいはそれ以上)対応となるのか?写真の鑑賞は、CMYの減色カラーから、RGBの加色カラーへ移っていくのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2013/06/21(金) 12:36:41|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紫陽花に挑戦(1) モノトーンで撮るための試み | ホーム | 季節は移り、木々は生い茂り、百日紅(さるすべり)は今・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/55-8b84d208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (95)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (39)
レンズの眼、カメラの眼 (27)
映し出された世界 (24)
水辺の光景 (14)
勝島運河 (9)
写真の技法 (134)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (54)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (18)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (167)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (190)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (11)
樹、草、花  (58)
桜  (84)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (28)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR