FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

失ったもの なくなったもの。

海外に出張するときは、相手先と記念撮影したり、簡単な備忘録のつもりで、バカチョンカメラを持って出ていた。
日付が入るコンパクトカメラは、最適だった。
一か月に及ぶ出張でも36枚撮り1本で充分だった。

それが、2000年頃、ヨーロッパを旅したとき、何を思ったのか、Nikon SPを持ち出していた。
出張の記録は、コダックの100万画素デジカメで充分、だが、同時に物足りなさを感じていたのではないだろうか?
本格的なフィルムカメラを使いたくなったのだろう。
Tri-X フィルムを数本持って行った。
ノルウェーのベルゲンに着いたときは、休日の町をNikon SPを片手に散策していた。
この時、撮った写真、帰ってきて現像し、写真ていいものだと、再発見していた。
それから15年、特にこの9年間は、沢山写真を撮っている。
この15年の間の写真を見ると、
少しづつ、撮る対象が変化(これは小生の内的変化)し、気づかないうちに、周りの景色が変化している(外的変化)ことに気づく。
デジタル写真であれ、フィルムの写真であれ、結局は、その時、その場で目撃したことの、コピー。
歳月は待たないが、コピーは残る。残ったものを、体系的に捉えれば・・・世界が見えてきてもいい。
--------------------------------------------
2002年 蕭山で撮影したもの。
蕭山賓館の前の道を西に200mも進むと、歴史を感じる建物があった。
去っていくものIMG_0336
物資の積み下ろしをする小さな船着き場もある。古来、南船北馬。南の蕭山も、運河が発達し、物資の運搬は船が主流だったのだろう。今は道路が整備され、トラック輸送に切り替わっている。
去っていくものImg_0333粛山(2ヶ月後には・・・)
2か月後、再び訪れると、建物は、壊されていた。
去っていくものIMG_0947簫山
猛烈な建設ラッシュが、蕭山で始まっていた。
----------------------------------------------------------
今年 撮影したデジタル写真。
画素数は1400万画素を誇るが、以前撮影した200万画素の写真と比べると貧相である。
去っていくものDSC02174
空き地には公共の建物・・・しかし、多くは駐車スペースになっている。
樹の幹が太くなっているので、歳月の経ったことを感じさせてくれる。
しかし、醜い。以前建物のほうが、心に響いてくる。
広いスペースは無駄、経済発展のため、駐車スペースが欲しい。
去っていくものDSC02176古いものは、目障りだ。
蕭山は、欧米並みの近代的な都市に変貌するのだ・・・そんな 意志が働いているのだろうか?
新しくできる大きな建物は、ほとんど無国籍。
日本でも・・・ドバイでも、上海でも、シンガポールでも・・・
驚くほど似ている。まるで マーハッタンのビル群のように、確立した建築様式でたてられていく。
ユニット化され、大量に同じ単位で規則的に組たれられていく。
化学を習った人間なら(理系の人間なら)すぐに気づく。エントロピーを小さくしている。
規則正しい世界に住むのが一番快適だ。混乱(カオス)より調和(コスモス)へ世界は動いている。
しかし、冷房の効いた部屋(エントロピーの小さな)を作るためには、空調機を動かさなければならない。
快適な(エントロピーの小さな)空間を作るため、電力を消費するので、系全体ではエントロピーは増大の方向になる。
欧米の快適な生活(エントロピーの小さい)を維持するためには、それ意外の地域のエントロピーは増大するという犠牲で成り立っているのが、本当の姿だろう。
地球を食べて、人類は快適な生活(エントロピーの小さな、規則的で、統制され、安全な)を作ってきた。
地球を食べて、人間は、エントロピーは増大させている。 己の快適な(エントロピーの少ない)生活環境を作るため。
去っていくものDSC02170
あと何年、人間はこんな生活を続けられるだろう?
100年?
1000年?
一万年はないだろうと思う。
靴を直し、リサイクルする生活に戻れるだろうか?大量消費、新しい靴のほうが快適だ。
現在の快適な生活を、あきらめることできますか?
あきらめたら、職を失った人が増え、社会は混乱(エントロピー増大)する。
所詮 人間は、地球を食いつくし、エントロピーを増大させ、滅亡するだけの存在かもしれない・・・・
(人間の決めた法律に従い)「金儲けして、何が悪いのですか?」という言葉が、いつも、重くのしかかっている。
所詮 人間は 地球に寄生した生物の一品種に過ぎない。
人間が決めた規則と、自然の摂理(法則/規則)、どちらの規則が優先するだろう?
-----------------------------------------------
エントロピーの概念、19世紀には、熱力学として学問的には確立している。
そのことが、世界を理解する手段になっていた。
熱力学から、量子の世界(理論/規則)の扉が開く。
量子の世界から、更に微細な素粒子の世界へ・・・その素粒子の世界が、突如、広大な宇宙の世界とつながる。
しかし、まだまだ、知恵が足りないのだろう。
暇を もてあまし、近くの区立図書館へ行き、宇宙論や、素粒子論の「読み本」を借りてくる。
やはり、サイエンスは面白い。
小生が生きている間に、この謎が解き明かされないかなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2015/08/02(日) 19:50:39|
  2. 遥かなる寧夏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿波踊り  中目黒 | ホーム | 遥かなる寧夏  万里の長城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/549-3aad8331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR