FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

思い出とは・・・

嘗ては、大崎から目黒にかけて竹林が多く、とごえ(戸越)はタケノコ村とも呼ばれていたという。
60年近く前、小学校の社会科の授業で聞いた話だが、「タケノコ村」という先生の声が、不思議と耳の奥に残っている。
確かにその頃は斜面に竹林がところどころ生えていた。
しかし、今は全て住宅になっている。
先日、夕食にたけのこご飯が出てきた。
季節になったなぁ。
カメラを持って、筍の撮影に出かけていた。
大崎の公園に筍を発見したが、顔をのぞかせた段階で、まだ写真を撮るには早い。
目黒川をさかのぼり、五反田で筍を探したが・・・コンクリートで固められた町になっていた。
東急五反田729-19
そういえば、石川光陽さんの写真に、五反田、目黒、池上など、池上線、目蒲線沿線の写真があったことを思い出す。
この場所を撮っていたと・・・一枚撮影。
東急五反田昭和の東京より
家に帰り、石川光陽さんの写真を探す。
昭和11年の撮影。使用しているのはライカDⅢだから、エルマー50mm F:3.5だろう。
東急五反田729-31
翌日、レンズを50mmに換えて散歩。光陽さんが立ったであろう場所を探し撮影してみた。
撮影場所、もう少し前かなぁ。
昭和30年頃、ここを母に連れられて歩いたことがある。
山手線の内側に白木屋デパート(現在は東急)があり、母はそこで買い物をし、小生をつれて帰宅するところだった。
今は大きなビルになっているが、角に中華まんじゅうを蒸かして販売する店があった。(光陽さんの写真で岡島洋装店に当たると思う) セイロ(蒸篭)から立ち上る水蒸気の白さがまぶしかった。欲しかったが、残念ながら買ってくれなかった。
昭和11年の光陽さんの写真と、平成27年のこの写真の間に、夥しいほどの写真があり、そのうちの一枚に蒸篭から白い蒸気をたち登らせる、あの店の写真もあるのだろう。
写真は現実のコピーに過ぎないが、立派な記録だと思う。
---------------------
筍の写真は・・・いま撮影中です。

スポンサーサイト



  1. 2015/04/23(木) 11:47:22|
  2. 思い出の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大崎 散歩 | ホーム | 西大井周辺を散歩  デジカメで記録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/503-c64fa3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR