FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎~目黒不動 散歩コースの1つです。

5月の連休明け、Nikon SPを肩にぶら下げ 大崎から五反田を抜け、目黒不動まで散歩。レンズはコシナ製SC-Skopar 21mm F:4を使用。
大崎to目黒不動528-1
大崎にできた高層住宅。芳水小学校時代の同級生、購入を考えたようですが断念しました。彼の住んでいる家は眼と鼻の先ですが・・・近くに昔から住んでいる(彼もそうですが)人には、圧迫感があるのでしょう。ソ連時代の笑話に、ソ連の援助で町の中心に高い建物ができたとき、住民が言うには、「あの建物の天辺に行けば、この町の最高の景色が見える。なぜなら、この建物が見えないから。」というのがありました。同級生もそんな気持ちだったのか・・・?
確かに、空が少なくなっています。その分、住む人は快適、便利になっているのでしょう。
時代の変化は、受け入れるのが鉄則。この都会的な景観、良しと評価しましょう。
大崎to目黒不動528-2
大崎にツタヤ!! 地元で頑張っていた書店、一時は、大崎ニューシティーなどに出店したのだが、今はどこに?
大崎to目黒不動528-8
大崎から五反田へ。五反田は繁華街。小生の小学校時代、まだ戦後の香り(どさくさのカオス)が残っていて、五反田と大井町には行かないようにと、先生から釘を刺されていました。その場所で働いている同級生のお母さんもいましたが・・・大崎はくすんだ工場の町、五反田は、光あふれる猥雑な繁華街、子供心にも惹かれるものがありました。
昔の感じが少し残っています。しかし、道行く女性は携帯電話、ご時世ですね。
大崎to目黒不動528-10
目黒不動へ。ここはあまり変化はないようです。変化は、参拝客が少なくなったこと。この「たこ薬師」の看板は・・・昔からあったでしょうか? 幼いときの記憶にはありません。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/12(水) 20:58:03|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美容柳 また来春お会いしましょう。 | ホーム | どこ? 登る坂、この先には何が?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/50-539078ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (95)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (39)
レンズの眼、カメラの眼 (27)
映し出された世界 (24)
水辺の光景 (14)
勝島運河 (9)
写真の技法 (134)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (54)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (18)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (167)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (190)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (11)
樹、草、花  (58)
桜  (84)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (28)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR