FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

馬事公苑の桜

6日の月曜日、参加している写真クラブ、フォト彩游の春の撮影会が馬事公苑で行われた。
集合は、午後1時、正門前。
今思うと、この日は特異日だったと思う。
前日の日曜、曇りの予報だが時折小雨がぱらついた。
翌日の火曜も天気はすぐれず、雨が降っていた。
参加者は13名。午前中から来て撮っていた人も2名ほどいた。
少し交通の便は悪いが、渋谷からバスで30分も乗ればつく。
田園都市線、用賀の駅から歩いてきた人もいた。歩いて15分ほどだったという。
土曜、日曜は馬が出ていたようだ、馬も疲れてしまったのか、月曜日、馬場に馬の姿は見えない。
ソメイヨシノは散り始めているが、枝垂れ桜は満開になっていた。
馬事公苑DSC09789
美しい桜は、どう撮っても、誰が撮っても美しい。
馬事公苑DSC09792
眼の前の桜に自分勝手な細工を施せない以上、「いいな」、「美しいな」、と思える構図は収斂し、誰が撮っても同じよう写真になってしまう。
馬事公苑DSC09861
如何に、違った切り取り方を考えるか・・・
馬事公苑DSC09892
さもなければ、誰も知らない/気づかない場所探しだが・・・
馬事公苑DSC09833
美しい桜を「美しく」撮ることに、そろそろ憂てもよさそうなのに・・・と思う。
では、どのように? それが、難しい。
来週の月曜日(4月13日)定例の講評会がある。撮ったものから3つ選び、A4にプリントして持っていくことになっている。
カラーの作品では、新鮮味もないだろう。
白黒フィルムで撮ったなかから、探そうかなぁ・・・と思っている。
スポンサーサイト



  1. 2015/04/10(金) 10:57:50|
  2. Photo彩遊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜の樹の下には・・・ | ホーム | 花筏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/495-429516cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR