FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

映し出された世界

第二次世界大戦前、フランスに出てきたアンドレ・ケルテスは、マジックハウスにある歪んだ鏡に映る光景を写真に収めている。200カット以上撮影したところで、これ以上追及することないと止めている。戦後、フランスに残された原版は汚れ、修復は難しいと思われたが、アウグスト・ザンダーの手によって修復されたという。・・・これは、小生の早とちり、修復したのは、「ザンダーの孫」とのこと。
ケルテスにしろ、ザンダーにしろ、世界の写真史に名の残る偉大な写真家。小生、この二人の作品、大好きである。
芯の通った人間性があり、知性的。 カメラの眼を備えているが・・・「写真を撮るのは、直感だ・・・」などとは、一言も語らない。実験的な撮影を多く行っている。
ザンダーは写真家。彼の写真のコンセプトと作品の出来の良さに、ナチは危機感を覚え、彼を迫害する・・・。
時の権力から怖れられた、あるいは時の権力に「否」を表明できた写真家、日本にいただろうか?
そんなこと・・・平和ぼけした小生、とてもできないが、
ザンダーを真似、じっくりと、ポートレートを・・・撮ってみたいと希求し、
硝子の窓などに、世界が映し出されているのを発見すると、ケルテスを思い出し、面白いと、シャッターを切る。
映し出された世界DSC07091
映し出された世界DSC07092
映し出された世界DSC07096
撮っていて・・・これ、近松門左衛門の虚実皮膜論? 
近松が本当に述べたのか・・・伝聞の形で残っている。
現実(reality)をハッキリと描き出すには、実(写実)と虚(虚構:フィクション)の境が重要なポイントになる・・・ということか。
映し出された世界712-14
白黒モノトーン写真は、写した瞬間、現実(reality)の色彩は除かれ抽象化される。
写されたその瞬間から虚像となる。
でもそこにリアリティーを感じている。硝子の表面に広がる世界そのものが、虚なら、それをモノトーンで撮ると虚実の皮膜から、かなり離れてしまう。それで、リアリティーを感じるような作品を作るのは・・・確かに難しい。
ケルテスは200カット以上撮ったところで、それに気づいたのだろうか?
映し出された世界DSC06001
映し出された世界を表現するなら、デジタルカラーが最適かもしれない。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/19(木) 12:17:52|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新橋近辺を歩く | ホーム | 見えているが見えない、見えないが見えてくる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/481-a2f412bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR