FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

夜の白梅 (戸越公園)

古いブローニー判のマミヤ-6で、夜の梅を撮影。フィルムを入れるとき斜光板の一枚を動かしてしまったミスに気づかず、サイズが6×6でなく さりとて 6×4.5でもない、6×5.2という変則的なサイズで撮影してしまった。
フラッシュ端子はついているが、ストロボがまだない時代のカメラなので、同調しません。シャッターが開ききらないうちに、ストロボは発光してしまいます。M級やF級、FP級のフラッシュバルブが使えるカメラです(もう手に入らないでしょう。)。
夜の白梅711-9
古い蛇腹のスプリングカメラ。
蛇腹なので内面反射は抑えられるだろうと期待したのですが、強烈な街灯の光がカメラに入ると、全体のコントラストは下がり、眠い写真になってしまった。(一つ勉強)
この樹の影から撮影したものが一番クリアーに写っていました。
夜の白梅711-11 Ⅱ
露光時間が2分あるので、ストロボを持ち、樹の周りで、三回強制発光させました。
2年ほど前、同じ戸越公園の「百日紅(さるすべり)」で試した技法です。
レリーフのような・・・弱くソラリゼーションしたような効果がでます。
ちょっとコントラスが足りていません。街灯の強烈な光を避けるフードが必要でしょう。
----------------------------------------------
T-MAX100のブローニーフィルム、先日 有楽町のビッグカメラへ行き見たところ、5本パックで4500円くらいに値上がりしていた。これでは、そうそう撮れるものではない。より一層慎重にシャッターを切らなければ・・・
ネットで調べると、TRI-X 100フィート缶が35290円!! 去年暮に12000円くらいだった。2年前は6000円台で高くなったなぁと、その時しょうがなく4缶購入。まだ冷蔵庫に三缶残っている(今買ったら10万円! 誰が買う?)。
TRI-X、数年前は4000円台だった。
コダックは100フィート長巻をなくす方向なのだろう。36枚撮りパトローネ入りフィルム(1000円ほど:2倍になったけど)のほうが、ずっと安くなってしまった。(100フィート缶は36枚撮り20本とほぼ同じ撮影枚数になる。)
まぁ、富士フィルムもそうだったけれど・・・
ヨーロッパのフィルムに換えざるをえないかなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/10(火) 10:35:44|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有楽町逍遥 (Minolta Hi-Matic F Rokkor 38mm F:2.7 Kentmere400 フィルムで) | ホーム | 夜の白梅 (戸越公園)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/473-db703181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR