FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

勝島運河を歩く

鮫洲から立会川河口につながる勝島運河を、時々散歩する。
勝島運河693-7 Ⅱ手には、その時フィルムが入っていたカメラをもつ。交換レンズはもっていかない。ついていたレンズの画角でフレーミングする。これなど正調モノトーン写真だろう。
しかし、トーンは整っていても、面白くないなぁ・・・
「なに、カメラの眼がないだけよ」、といわれてしまうだけ・・・だろう。
勝島運河693-11
1月の勝島運河の土手には、冬の花、水仙が咲き誇っていた。
勝島運河706-23 Ⅱ
2月初めに散歩。21mmの広角レンズを使っていた。フィルムは、Rollei赤外400Sフィルム。パンクロフィルムとして使用した。
勝島運河706-21 Ⅱ露光を二絞り分少なくし、二人の姿をシルエットにしてみた。このほうがいいと思う。
勝島運河706-27ここは海につながっている。海水にカモ? 2月の初め勝島運河に渡り鳥のカモはいた。
勝島運河708-33 Ⅱ昨日の撮影。2月の下旬、カモの姿はもういなかった。
乗合いの釣り船が帰ってきて、波を作る。その紋様が面白いと、シャッターを切る。
上部をトリミングし、波の紋様を強調してみた。
トリミングは最後の救済といわれても、この頃は開き直っている。
撮りたいように撮ればいい。
勝島運河708-34 Ⅱ
海面の光は、対岸の倉庫の壁の照返し。2月も終わりに近づくと菜の花が土手に咲いていた。
菜の花と海面の輝きを撮りたくて撮影。Minolta Hi-Matic F やや広角ぎみのレンズ。最短も1mまでしか近づけない。パララックスもあり、フレーミングは完璧とはいいがたい。
大胆にトリミングしてみました。
これが撮りたかったフレーミング。
一眼レフに105mmのレンズを付けて撮ってみようか? 菜の花の萎まないうちに・・・
スポンサーサイト



  1. 2015/02/28(土) 14:17:58|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧東海道・品川宿 正徳寺 | ホーム | 色温度(ホワイトバランス)  古典熱力学から物質の深遠、量子の世界へ 宇宙の果てへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/465-45ffd715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR